fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2022年04月

【じわ怖】窓を越える老婆

スポンサーリンク



俺はある機械メーカの技術者なんだけど、
うちの機械は世界各国の工場でも使われている。

で、据付や調整、指導なんかで
1ヵ月ほどそこに出張というのが年に1、2回あった。

これは最近、
近所の大国へ行ったときの話なんだ。

機械を買ってくれた工場は、
発展している沿岸部からそう遠くない所にあった。

でもすんごい田舎で、
大きな工場の周りにはほとんど何もないような所だった。

工場は昔の国有工場で、
数年前に台湾の会社との合弁会社になり、
設備投資を始めたんだ。

その台湾の会社から、
管理職や技術者が数人来ていて、
王さんという技術者が日本語ぺらぺらで、
俺の通訳や世話をしてくれた。

【じわ怖】神谷のおばさん

スポンサーリンク



俺が中学の時、
『神谷のおばさん』という有名人がいた。

同級生神谷君の母親なので『神谷のおばさん』な訳だが、
近所は勿論、同じ中学の奴もほとんど神谷のおばさん知ってる位有名人。

見た目は普通のおばさんなんだけど、
とにかく話を聞くのも話すのも上手い人で、
地元じゃ有名なヤンキーすら、

「神谷のおばさんに怒られちゃしょうがない」

って悪さ止めるくらい。

俺達中学生の下らない悩みとか、
相談を真剣に聞いてくれたし、
本気で怒ったり励ましたりしてくれる人だったな。

親とか先生には話せないことを、
相談出来る大人って感じ。

【じわ怖】注連縄

スポンサーリンク



俺の田舎の祭りに関する話を投下します。

俺は神戸に住んでいるんだけど、
子供の頃、オヤジの実家である島根の漁師町へ、
良く遊びに行ってた。

9歳の時の夏休みも、
親父の実家で過ごした。

そこで友達になったAと毎日遊びまくってて、
毎日が凄く楽しかったね。

ある日、Aが

「神社に行こう」

って言いだしたのね。

しかも、

「神社の社殿の中に入ってみようぜ」

って。

【じわ怖】隙間

スポンサーリンク



これから書く話は、
去年体験した事です。

去年の夏休みの事。

夜中にコンビニへ行き、
いつも通る道をいつも通り歩いていると、
ビルとビルの間に、
1mちょっとくらいの隙間があるのを発見した。

俺は、こんな所に隙間あったっけ?と思ったが、
特に気にせず通り過ぎようとしたとき、
後ろから、早足に歩くカッカッカッという
ハイヒールの音が聞こえてきた。

かなり急いでいるような足音だったため、
俺は歩きながら歩道の端のほうに寄り、
早く追い越してくれよと思っていると、
すぐ後ろまで来た時に、
急に足音がビタッと止んだ。

【じわ怖】ジジイと老婆と山羊

スポンサーリンク



俺が小学生の頃だから、
今から10年以上前の話だ。

その時、俺は家族でF県I市にある、
母方のばあちゃんの家に泊まりに行ってた。

ばあちゃんちに行くと、俺と2つ上の兄は、
よく叔父が飼っている猟犬のダルメシアン(名前はコテツ)を借りて、
山を探検していた。

コテツの首輪には発信器がついてたから、
うちの両親も、コテツが一緒なら大丈夫だろうという感じで、
俺達を自由に遊ばせてくれていた。

そんな俺達が、

「絶対に近づくな」

と言われている場所があった。

ばあちゃんちから
1~2キロぐらい離れていたところにある家だ。