FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2021年09月

【じわ怖】手すり女

スポンサーリンク



俺が通っていた小学校は、
歴史が古い学校だった。

現在高校生の俺がその小学校に在学していた頃にも、
もう開校110年はとっくに過ぎていて、
数え間違いがなかったら、
今年で126周年を迎えるはずだ。

そんな古い学校にも、
他の学校に漏れず、
学校の七不思議はちゃんとあった。

音楽室の笑うベートーヴェンや、
理科室の走る人体模型等々、
テンプレートに添った面々が登場する中で、
我が校のオリジナリティというか、
他の学校にない異彩を放つ話が、
『手すり女』という話だった。

噂の内容はこうだ。

【じわ怖】見知らぬ女

スポンサーリンク



大学で実際にあった洒落にならない話。

俺の通っている大学は、
山のてっぺんにある。

町から相当隔離された場所にあり、
最寄のコンビニですら、
ジグザグの山道を通って車で片道10分は掛かってしまう。

そんな環境であるため、
サークル活動や研究室などの特殊な用事でもない限り、
遅くまで大学に居残る学生はほとんどいない。

しかし、
10棟程度に分かれている大学校舎の中の一つに、
『音楽棟』という建物があり、
そこでは夜遅くまで学生(大半は音楽関係の学科生かサークルの人間)が、
ヴァイオリンやピアノ等の楽器を練習している。

音楽棟には、
50以上の個室の全てにピアノが一台ずつ入っているのだが、
学生はそれぞれ自分なりにお気に入りの個室があるようで、
例えば練習室の24番には○○専攻のA子がいるから、
23番の練習室をお気に入りに使っているアホな輩もいる、
といった具合だ。

【じわ怖】ケバイ幽霊

スポンサーリンク



仕事場から自宅まで車で一時間半。

途中ショートカットで山道を通れば20分早く帰宅できるので、
毎日そのルートで帰っていたが、
今はその道は通らないようにしている。

三ヶ月ぐらい前、深夜1時ごろ。

帰宅を急ぎその山道を走っていた時だ。

ふいにチリーンと鈴の音がした。

「ああ、キーホルダーの鈴かぁ」

何気にそう思って気がついた。

私のキーホルダーには鈴はない。

車のキーは単独であるので、
ほかのキーと擦り合って音がでることもない。

それでもチリンチリーンと音が続くので、
神経をとがらせて音をたどると、
誰も乗っていない助手席あたりから聞こえているようだ。

【じわ怖】ノブ回し女

スポンサーリンク



幽霊とかじゃないんですけど、
私が子供の頃(今から15年くらい前)、
夜中になると近所に奇妙な人が出没してました。

私の家って、
住宅街のなかの袋小路にあるんですけど、
夜中の2時半から3時にかけて、
いつも家の外でガシャガシャって音が聞こえてました。

家族に言ったら、
「気にするな」みたいなこと言われてたんですけど、
すごく気になってました。

それである夜、
袋小路が見渡せる二階の窓の下を、
ずーと見てたんです。

そしたら、
夜中の2時半くらいだったと思うんですが、
真っ白なワンピース姿に白いハイヒールをはいた、
髪のすごくながい女の人が、
カッカッカッて靴の音を鳴らしながら走っていました。

【じわ怖】4年前の空間

スポンサーリンク



あれは俺が5年生の頃だった。

俺の家族は、
その時アパートの3階に住んでいたんだ。

あるとき、
上に住んでいた4階の住人が引っ越した。

夜中とか結構ドタバタうるさい所だったんで、
正直ラッキーぐらいに思っていた。

次の日、
弟が俺をその4階の部屋の前まで引っ張って行って、

「いいもの見せてあげるよ」

と言った。

「ほら、ここの家鍵が閉まってないんだぜ」

本当だ。

きっと住人が出て行くときに閉め忘れて、
大家もチェックをするのを忘れたまま帰ってしまったんだろう。