FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2021年02月

【じわ怖】国立科学博物館に行ってきた

スポンサーリンク



ついこの前、
彼氏と上野の国立科学博物館に行ってきた。

そこは祖父が生前行きたがっていた場所。

でも祖父は遠方に住んでいた為、
結局最期まで行けなかった経緯がある。

その為、
祖父が好きだった電気関係のとある展示品の前に来た時、
彼氏に上記経緯を話し、

「コレ、じいちゃんも一緒に見てるんじゃないかと思うわ」

と軽口を叩きながら、
ものの数秒流し見しただけで移動しようとした刹那、
持ってたカバンを引き止めるが如く強く後ろに引っ張られた。

自分の近くには誰もいないし、
彼氏も少し先に歩いていた為、
後ろに引っ張るなんて事出来ないはずなのに…

【じわ怖】』

スポンサーリンク



アライグマの霊を見た事がある。

正確にはアライグマと米兵の霊。。

大学生の頃に夏休みを使って
アメリカにホームステイしたんだよ。

そこのホストファミリーは
明るくて本当に優しい人達だったんだが、
数年前に息子さんを亡くしていた。

海兵隊にいたが、
不幸にも事故で亡くなってしまったんだそうだ。

リビングには家族の写真が沢山あって、
その中に迷彩服を着た息子さんと、
腕に抱かれているアライグマのツーショット写真があった。

息子さんの名前はアレックス(仮名)で、
アライグマはレベッカ(仮名)。

【じわ怖】骨壷をおさめている建物

スポンサーリンク



去年のお盆に、
家族みんなで父方のお墓参りに行きました。

お寺は崖の近くにあるような、
何とも行きにくい場所。

その片隅に骨壷をおさめている建物があって、
そこに手を合わせに行くのです。

その建物にはとても大きなドアがあり、
先頭の父がギィ、とそのドアを開けました。

するとその瞬間、
隣にいた義兄が小さく

「ふぉあッ!(; ゚Д ゚)」

と声を上げ、
何かを避けた後、
その何かを目で追っていました。

【じわ怖】伝説の先輩

スポンサーリンク



霊感少女で有名だった大学の先輩にまつわる話。

ただ、私は全く面識がなく、
研究室で語り継がれてる伝説の先輩ってくらいしかしりません。

うちの民俗学研究室では毎夏休み、
フィールドワークを行います。

で、先輩たちも夏にとある地域に出向いて
民俗学の研究をしていたそうです。

そこで、先輩達数名も
フィールドワークをしていたわけです。

したらば、まぁ、民俗学といえば
狐狸妖怪の類から幽霊までもが範疇に入るわけですから、
物好きな方も多く、
皆で心霊スポットにいこうか、となったわけです。

場所はトサツ場。
(携帯変換で出ませんでしたorz)

【じわ怖】顔がある石

スポンサーリンク



うちの弟は小さい頃から怖いもの知らず。

小学生の頃、
近所の河原に遊びに行った時に変な石を拾った。

ベ○リット?みたいに顔がある石。

自分「気持ち悪いから捨てなよ」

弟「何で?面白いじゃん」

そのまま家に持ち帰り、
玄関に放置された。

問題は、その日の深夜。

なんか笑い声が玄関から聞こえる。

絶対あの石のせいだと思った自分は、
二段ベッドの下段の弟を叩き起こして見てくるように言った。

しばらくして笑い声が聞こえなくなると、
何かやりきった顔をした弟が戻ってきた。