FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2021年02月

【じわ怖】骨壷をおさめている建物

スポンサーリンク



去年のお盆に、
家族みんなで父方のお墓参りに行きました。

お寺は崖の近くにあるような、
何とも行きにくい場所。

その片隅に骨壷をおさめている建物があって、
そこに手を合わせに行くのです。

その建物にはとても大きなドアがあり、
先頭の父がギィ、とそのドアを開けました。

するとその瞬間、
隣にいた義兄が小さく

「ふぉあッ!(; ゚Д ゚)」

と声を上げ、
何かを避けた後、
その何かを目で追っていました。

【じわ怖】伝説の先輩

スポンサーリンク



霊感少女で有名だった大学の先輩にまつわる話。

ただ、私は全く面識がなく、
研究室で語り継がれてる伝説の先輩ってくらいしかしりません。

うちの民俗学研究室では毎夏休み、
フィールドワークを行います。

で、先輩たちも夏にとある地域に出向いて
民俗学の研究をしていたそうです。

そこで、先輩達数名も
フィールドワークをしていたわけです。

したらば、まぁ、民俗学といえば
狐狸妖怪の類から幽霊までもが範疇に入るわけですから、
物好きな方も多く、
皆で心霊スポットにいこうか、となったわけです。

場所はトサツ場。
(携帯変換で出ませんでしたorz)

【じわ怖】顔がある石

スポンサーリンク



うちの弟は小さい頃から怖いもの知らず。

小学生の頃、
近所の河原に遊びに行った時に変な石を拾った。

ベ○リット?みたいに顔がある石。

自分「気持ち悪いから捨てなよ」

弟「何で?面白いじゃん」

そのまま家に持ち帰り、
玄関に放置された。

問題は、その日の深夜。

なんか笑い声が玄関から聞こえる。

絶対あの石のせいだと思った自分は、
二段ベッドの下段の弟を叩き起こして見てくるように言った。

しばらくして笑い声が聞こえなくなると、
何かやりきった顔をした弟が戻ってきた。

【じわ怖】毛むくじゃらバトル

スポンサーリンク



以前、友人(女性)の周りで
毛むくじゃらバトルが勃発していた。

発端は彼女から、

「近くにそれらしき物は何もないのに、
体に毛布が当たったような感じがする。
病院で脳の検査を受けてみたが異常はなかった。
どうすればいいだろう」

と相談された事だった。

仕事中だったり、
あるいはスーパーで買い物している時だったり、
体にモフッとした何かがぶつかる感覚がするのだという。

そしてその現象は決まって空腹を覚えた時に起こる。

体に異常がないのなら心霊現象なのかもしれないが、
私も友人も視える訳ではないので何ともしようがない。

【じわ怖】深夜にテレビがつく

スポンサーリンク



10年ほど前の話。

大型の液晶テレビを購入、
リビングに置いて家族で楽しんでいた。

そのテレビが、
なぜか深夜につきっ放しになっていることがたまにある。

お手洗いに1階に下りたらついているので、
テレビを消してまた寝る。

そんなことが月に数回レベルであった。

家族に話しても誰もテレビを見ていないし、
自分も気付いて消したという話も聞いた。

頻繁でもないし、
朝までつきっ放しということもなかったので、
特に気にしなかったけれど。

ある夜に、
お手洗いに下りた時にはついていなかったのに、
お手洗いを済ませたらついていた。