FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2020年11月

【じわ怖】全身ふわふわした深緑色の毛

スポンサーリンク



自分はほぼ0感に近い微弱霊感持ち。

4月上旬に40℃を超える熱を出し、
結構長く仕事を休んだ。

普通の風邪だったんだが、家族には

「伝染るから近寄るな」

と、戦前の業病人の如き扱いを受けてしまい、
病院へ行く以外は、
自室の布団でぼけーっと天井を眺める日が数日続いた。

そんなある日、
短い午睡から覚めると、
部屋の入口(硝子障子)がほんの少し開いているのに気付いた。

家族の誰かが閉め忘れたかと思い、
何となく目をやっていると、
突然摺り硝子の向こうに丸っこい影が出現。

【じわ怖】ばーちゃんの写真

スポンサーリンク



15年ぐらい前、
当時高校生の俺の部屋と、
大学生の姉の部屋、
両方の部屋のドアをノックしたり、
部屋と部屋(二階建てで、二階には上記の二部屋だけ)を
行ったり来たりする足音を立てる奴がいた。

最初は怖くて、電話の子機同士で

「今来た!」

とか、

「今俺トイレ行くからね!」

とか、報告しなきゃ落ち着かなかった。

でも、しばらくしたら慣れてきて、二人で会議。

盛り塩か?酒か?
知り合いの拝み屋さんに相談してみるか?
とか案を出しあってた。

【じわ怖】ゴス子

スポンサーリンク



うちの会社にコネで入ったバイトがいる。

ゴスロリ来て奇声を上げる娘さん。

仮に名前をゴス子とする。

陰のあだ名が「アゴなしゴス」、
または「ボンレス」という時点で、
容姿は推し量って欲しい…

色々痛々しく笑いを呼ぶエピソードのある彼女だが、
自称霊能者もその一つ。

前世がどっかの巫女で姫で、
よくわからんが悪霊と戦い続けているらしい。

そのせいで現実と戦う方に手が回っていないようだ、惜しい。

で、
うちの社の先輩Aさんが春先に引っ越したんだが、
その部屋に幽霊が出ると話した。

【じわ怖】部屋の壁に飾られた絵画

スポンサーリンク



風景写真を撮りながら一人旅をするのが趣味の私は、
五年前の今日も北陸地方のある安宿に泊り機材のチェックをしていた。

カメラは勿論素人レベルだから、
むしろ地元の料理や景色が堪能できればと心を弾ませていた。

ふと気になる事があった。

部屋の壁に飾られた絵画が妙に大きい。

狭い部屋の壁にどうにも不釣り合いなのだ。

かと言って裏返して確認するほど度胸はなく、
その日は夕方の漁港を撮影する為に一旦宿を出た。

撮影の間もあの不釣り合いな絵画が頭をよぎる。

どうにも気になり、
撮影を早めに切り上げて宿へと戻った。

そして頼んでおいた少し贅沢な夕食を楽しみ、
ゆっくりと風呂に入ると、
あっさりあの絵画の事は忘れていた。

【じわ怖】長い登り坂

スポンサーリンク



俺が通ってた中学って山の上にあったのね。

長い長い登り坂を毎日チャリを押して登ってたの。

夏休みだったか、
とにかくかなり暑い日に、
部活行く為に一人汗だくで、
いつものようにチャリ押して歩いてたんだよ。

そしたら、
後ろからパタパタと誰か早歩きで来るわけ。

俺、邪魔かなって思って、
追い越させようと道の端に寄ったのな。

足音がだんだんと俺に近付いて来て、
追い越すかなって時にピタッと足音が止んだんだよ。

あれ?と思って横目で見ると、
学ラン着た奴が立ってる。