FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2020年02月

【じわ怖】神社でお守りを買った

スポンサーリンク



某神社に友人と参拝に行き、
お守りを買い帰宅。

私の家で友人と二人で駄弁っていたら良い時間になってしまい、
うちに泊まる事になったんだ。

ちなみに家は3LDKのマンション。

親と弟と同居。

私の家族が寝静まった深夜、
ふと部屋のドアを見たら薄っすら開いていた。

建て付が悪いので良くある事。

しっかりと締め直したのだが、
また少ししたら開いていた。

なんだよ…と思いドアを睨んでいたら、
ふっ…と黒い影が通った。

【じわ怖】神社センサー

スポンサーリンク



友人に神社センサーみたいな人がいる。

はじめて来た場所でも、
地図も見ずにちょっと周りを見渡して、

「あっちかな…」

とか言って歩き出して神社にたどり着く。

道に迷ってふらふらしてたら神社に行き着き、
興味をひかれてなんとなく道を曲がれば祠に出会う、
そんな人。

すごかったのが、
ハイキングで迷った時。

山のてっぺんにある神社をゴールにしてたんだけど、
二人で迷子になった。

【じわ怖】名前をつけてみた

スポンサーリンク



自分の今の実家は新築だけど安かった。

いざ住んでみると、
まあなんというか細々色々変な事がよく起こった。

ただ家族の誰も霊感的なものが全く無いからか、
変な事が起こる家という以外特に感想もなく何十年も住んでいて、
ソレを起こす何かが単独なのか複数なのかわからないまま、
とりあえず何かあると

「ヤツの仕業か」

とか、

「またアイツか」

とか言ってた。

【じわ怖】知らないお爺さん

スポンサーリンク



小さい時、
親が共働きで一人で留守番する事がよくあった。

特に小学校の夏休みなんか、
日中はだいたい一人で家にいた。

四年生の夏休み。

トイレ行って居間に戻ったら、
知らないお爺さんが座って勝手に麦茶飲んでた。

「誰?」

と聞いても答えない。

ちょっと怖いから自分の部屋で漫画読んで、
暫くしてから戻ったら、もういなかった。

それから何日かに一回ペースで来た。

【じわ怖】ウルグル

スポンサーリンク



俺の実家は東北の超田舎にあるんだけど、
数年に一度(具体的な年月日は省く)村全体で謝肉祭をやるんだよね。

その風習?が少し変わっていて、
その年に7歳になる子供と16歳以上の未婚の女を別々の籠に入れて、
普段は立ち入り禁止になっている山奥の祠?に閉じ込めるの。3日間。


でも一つ問題があって、
これに選ばれた人間は、
色々とおかしな事になってしまいました。

だから、選ばれる人間は、
必ず村の中で立場の弱い人間が中心に選ばれる。

で、3つ前の祭で問題が起こった。

その時祠に入れられる人はもう決まってたんだけど、
なぜか村長の親戚の娘が自分が入るって言い出した。

この女性は7歳の時祠に入れられた経験のある人。