FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2020年01月

【じわ怖】幽霊が出るトイレ

スポンサーリンク



私が小6の頃に通ってた大きい塾には、
男子トイレと女子トイレの他に、
もうひとつトイレ(共同?)があった。

そのトイレは教室から一番遠いところ(塾内の一番奥)にあり、
そのせいか誰も使おうとしなかった。

別に先生用のトイレという訳でも無いらしい。

塾の先生曰く、

「幽霊が出るからあのトイレは使うなよー」

とのこと。

まぁ確かに、
そのトイレは誰も使用してないためか、
なんだか薄暗く気味が悪かった。

3月になり、
皆が塾を卒業するその日。

【じわ怖】家族でコックリさん

スポンサーリンク



友人の一家はそろってオカルト好きで、
家族でコックリさんをしたりするそうだ。

その友人が言うには、
コックリさんというのはそういう名の何かがいるのではなく、
一番手近の霊が呼び出されて、答えてくれる仕組みなんだとか。

そんないい加減なことで質問に答えられるものなのか、と思ったが、
案の定、答えられない場合もあるとのこと。

以下、その例として友人が語ってくれた話。

ある冬の日。

夕飯前に一家全員でコックリさんをしたのだが、
何を尋ねても
『しらない』
『わからない』、
脈絡なく『おかあさん』の繰り返しで要領を得ない。

【じわ怖】新聞の臨時配達員

スポンサーリンク



新聞配達をしていた時の少し怖かった話。

販売店の専業(正社員)じゃなく臨時配達員といって、
人手が急に足りなくなった場合に依頼されて配る仕事だ。

ある時、
都内の販売店から依頼があって、
俺はそこへ派遣された。

早速、
明日の朝から配達するため配達順路を覚えようと、
店から順路帳を借りて、
空回り(実際に配達しないで順路を覚える作業)を始めたんだ。

さして難しい順路でもなく、
順調に順路とりは進んでいたんだけど、
一番最後でおかしなことに気が付いた。

順路で示されている一番最後に配る場所が、
順路上で言えば中盤辺りに建っているマンション。

【じわ怖】カーペットの下

スポンサーリンク



ちょうど1年ほど前、
4月採用予定の新卒者が、
見習い兼ねてアルバイトとして事務所に来た。

その内の一人(女性)が挨拶をしたあと、
トイレに行きなかなか戻ってこない。

30分経っても帰ってこないので心配になり、
他の女子社員に見に行ってもらうと、
個室が一つだけ鍵が掛かった状態で、

「ノックしても呼んでも返事が無いけど、
どうします?」

仕方が無いので、
その女子社員と俺と
もう一人の男性社員とで見に行く事にした。

初めてはいる女子トイレにドキドキしたが、
そんな事言ってる場合じゃない。

【じわ怖】ウサギの飼育

スポンサーリンク



俺は小学校六年を通じて飼育委員だったんだ。

ウサギ飼育小屋は20畳ほどの広さで、
脱走対策でコンクリートの水槽のような物に土を盛って
柵を作った物だった。

二年目の春。

馬鹿な女子が、
檻に隔離してあるオスのウサギを放してしまった。

皆知ってると思うが、
ウサギは雌雄一緒になると
とてつもない勢いで繁殖する。

三年目の春を迎える頃には、
餌のキャベツ四玉が一晩で無くなってしまう程
ウサギが増殖していた。