FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > アーカイブ - 2019年12月

【じわ怖】稲刈り体験学習

スポンサーリンク



小学校の時の体験談を投下。

稲刈りのシーズンに、
体験学習みたいなやつで山の中の合宿所に行った。

そこでは稲刈りやって、脱穀やって、
夜になったらキャンプファイヤーして、
一泊することになってる。

そしてその合宿には、
県内の大学生もボランティアで参加してる。

その時も、男女合わせて七人くらいいたと思う。

昼間、稲刈りしてる時に蛇が出てきて、
しかも、その蛇をクラスの男子が鎌で怪我させちゃったりしたんだけど、
まあ、それ以外は大したこともなく夜になった。

んで、キャンプファイヤーが始まって、
しばらくしてから異変が起こった。

【じわ怖】不動産屋の手口

スポンサーリンク



昔、住んでいたところの近くに墓地があった。

ある日、墓地が更地となっていた。

墓地の整理でもするのかな?と思っていたら、
アスファルトが敷かれて、
駐車場となって多くの車が止まっていた。

こんな所怖くないかな?と思った。

駐車場が出来てから1、2ヶ月したら車が全部なくなり、
アスファルトが剥がされていた。

やっぱり何かあったんだろうなと思っていたら、
基礎工事が始まり、
建売住宅の説明会が行われるようになった。

不動産屋は、
駐車場を潰して住宅にすると説明していた。

【じわ怖】古い家の仏間

スポンサーリンク



俺の実家は古い木造で、
仏間がなんだか妙だったんだな。

そこだけ妙に空気が重かった。

窓がなく四方をふすま戸で、
開けたままにしてたらやけに怒られた。

他の部屋の戸なら怒られないのに、
何故仏間だけ?と不思議に思ったもんだが、
何年も暮らすうちに理由がわかった。

誰もいない閉めきった部屋の中を、
ぐるぐる歩き回る音やら、
ぼそぼそと人の話す声がしたり、
視線を感じて振り向くと、
少しだけ襖が開いていて、
それがすーっと閉じるのを見たり、
中からバン!バン!と凄い力で襖を叩かれたり、
襖がたわんでミシミシいい出したり…

【じわ怖】遭遇する彼氏

スポンサーリンク



私の彼氏が『自殺しようとする人』に
もの凄い確率で遭遇します。

しかも、必ず相手から話しかけられるそうです。

ちなみに、
彼は親切そうな外見ではなく、
愛想のないほうです。

歩道橋で

「兄ちゃん、生きるって楽しいか?」

とか、

「今から家に火付けて死ぬんじゃ」

と、灯油缶を引きずるじいさんに言われたり。

【じわ怖】隣が五月蝿すぎる

スポンサーリンク



とある用事で上京した時に、
そのままストレートに帰るのもつまらんから、
適当な所で一晩明かして、
次の日に適当に買い物でもして帰ろうと思いつき、
そこらにあったホテルへチェックイン。

部屋に向かい、
荷物をそこらに放かして就寝する事に。

…だが、隣が五月蝿い。

五月蝿すぎる。

壁をドンドン叩くような音から子供の泣き声、
挙句、生木を捻じるような音や喘ぎ声みたいなものまで聞こえてくる始末。

流石にこんなんじゃ寝れないぞって事でフロントに向かい、
そこにいた従業員に

「隣が五月蝿いので注意してくれ」

と頼んだ。