FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > カテゴリー - じわじわ来る怖い話

【じわ怖】見つけてしまった

スポンサーリンク



俺のほんのり怖いというか不思議な話。

数年前の夏、
夜中にふらりとコンビニに行った。

よくあることだ。

当時の家とコンビニの途中は公園を通ると近道なんで、
そこを通った。

夜中にいちゃつくカップルもホームレスすらいない静かで地味な公園なんだが、
見つけてしまった。

遊具の脇の木にぶら下がる首吊り。

パニクって交番までダッシュ。

お巡りさんを連れて再び公園へ。

しかし公園には、
俺が確かに見たはずの首吊り死体は無くなっていた。

【じわ怖】水戸駅のホーム

スポンサーリンク



だいぶ昔のことなんだけど。

学生時代、茨城県水戸市に住んでいた。

用事があって東京に行くことになり、
水戸駅のホームで特急を待っていた。

『間もなく、上り列車が参ります』

のようなアナウンスがあり、
何となくスーパーひたちがやってくる勝田方面を見る。

だいたいアナウンスがあれば電車はもう見えているはずなのに、
見えてこない。

あれ?と思ったら、
線路の2本線の間、
ほぼ中央の低い位置を、
何か丸い物が飛んでくる。

何だあれと思いながら見ていると、
見る間に近づいてきた。

【じわ怖】謎の訪問者

スポンサーリンク



道楽でお茶をやっていて、
知り合いの窯に自分好みの茶碗を作陶してもらってる。

窯があるのは関東某県の山中で、
先週たまたま有休が取れたのをいいことに、
依頼がてらお土産を持って泊まりがけで遊びに行った。

山中、といっても麓は普通に住宅街だし、
別に人里はなれた鬱蒼とした山とかではない。

茶碗の話を色々していたらあっという間に日も暮れて、
窯の火が落ちるまで、
作業小屋みたいなところでお茶飲みながら陶工さんと話してた。

そしたら、
19時ごろに作業小屋のドアを誰か叩くから、
見てみたら男の人が1人立ってる。

格好は軽装というか、
山登りって感じではなく、
動きやすい格好で旅行してる人みたいな感じだった。

【じわ怖】落とし物の人形

スポンサーリンク



前に働いてたスーパーでの話。

たまに人形とかぬいぐるみとかの落とし物がある。

だから小さい子供の抱き人形の落とし物も不思議ではなかった。

見える所に置いておけば落とし主が現れるだろうと、
サービスカウンターの中、
客から見えるラックの上に座らせてたんだわ。

しかし落とし主が現れない。

そしてパートさんの何人かが

「人形の顔が怖い」

と言い出した。

事務所に上がる階段の奥や事務所で、
女性の幽霊も目撃されだした。

【じわ怖】たまにお金が落ちてきた

スポンサーリンク



不思議な体験で思い出したので、ついでに吐き出し。

怖くないけど、たまにお金が落ちてきた話。

小さい頃は姉と二人部屋だったけど、
部屋によく小銭が落ちてた。

1円から10円くらい。

「なんであんた達の部屋はよくお金が落ちてんの!
大事にしなさい!」

と、よく母ちゃんに怒られた。

中学の時、個室でふんばってて
気が付いたらトイレットペーパーの上に1円が山盛りになってた。

同じく中学、
合宿中にシャワー浴びてから
チャリーンと音がして10円が落ちてきた。