FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > カテゴリー - じわじわ来る怖い話

【じわ怖】事故の証人

スポンサーリンク



一年程前。

母は早朝のお散歩の時に、
交通事故を目撃しました。

ワゴン車とバイクがぶつかり、
バイクの人はすぐに動かなくなったそうで、
その時、かなり悪いのでは…?と思ったそうです。

他に目撃者らしき人はいなかったので、
ここににいなければと思いながらも、
母はショックで気分が悪くなってしまい、
よろよろしながら帰宅してしまいました。

その日は一日気分がすぐれず、
ゴロゴロしていたそうなのですが、
しばらくウトウトしていたら、
枕もとに頭がパックリ割れた女性が立ったのだそうです。

血まみれの顔で…

その時点では、
母にはバイクに乗ってた人が女性なのか、男性なのか、
どこを怪我したのか、
亡くなったのかすら分かっていなかったのです。

【じわ怖】母親を殺す夢

スポンサーリンク



皆さん。

思春期に見る夢には、
大人になって見る夢以上に意味があるって知ってました?

私はこの話を友人にし、
その友人から上記の事を教えてもらいました。

私が中学生の頃。

4夜続けて、
連続した夢を見たことがありました。


<1夜目>

無性に腹立たしく、
母の殺害を決心する。

母の事を考えるだけで、
体がぶるぶると震え涙が出てくる。

『母を殺さなければ、
これから先生きていくのが辛い。
あいつのせいで私は駄目になっている』

と、夢の中で感じていました。

【じわ怖】地下トイレ

スポンサーリンク



体験談です。

私は大阪難波のとあるビルで働いていました。

3年ほど前のある日、
まだ私がそこに勤めていた時のことです。

深夜まで続いた売り場の模様替え作業がようやく終わり、
地下のトイレに行くと、
手洗い場のところに女の人がいました。

女の人は見たことのない制服で、
深夜なので不審に思いましたが、
私と同じように深夜残業なのだろうと考えることにしました。

その人は気分が悪そうにうつむきかがんでいたので、

「どうかなさいましたか?」

と声をかけると、

「痛い…痛い…」

と言っています。

【じわ怖】恐怖団地住人

スポンサーリンク



これはホント実話なんですが、
僕大阪のとある低所得者しかすめない?

団地に母と住んでるんですが、
ここって低所得者しかいないんで、
周りが中国人やら韓国人やら、
おじいちゃんおばあちゃんとかヤンキーとかばっかなんですよ。

14階建てなんですが、
周りにもそれくらいの団地はあるのにやたら自殺が多いし
(3年に1,2回くらい)、
ちょっとこわいんですよね。

で、今僕は20歳なんですが、
これまで20年生きてて
ここで遭遇した怖い話を全部書いちゃいますね。


一つ目の話なんですが、
これは11歳のころの話です。

それまで結構自殺とかあった見たいなんですが、
現場を見たのはこのときが初めてでした。

【じわ怖】オカルト好きの罠

スポンサーリンク



高校生の男の子なんだが、
ある時突然、視界を妙なものが横切るのを見た。

それ以来、時折、
黒い影や光のようなものを見ることが多くなった。

家族に訴えたが、
だれも相手にしてくれない。

それどころか、
母親などは叱りつけたらしい。

というのも、
この男の子は日頃からオカルトっぽいものが大好きで、
心霊番組なんかもマメにチェックしていたらしい。

だから母親は、

「あんな下らないものばっか見てるから、
変なこと考えるようになるのよ!」

って怒ったわけだ。