fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわ怖

【じわ怖】我、餓鬼道ニ堕チタリ

スポンサーリンク



爺さんが死んだ時の話。

爺さんの部屋の整理を俺も手伝ったんだが
押し入れに古い木箱が入ってた。

開けてみると、どうやら戦争の時の
思い出の品々が入ってるみたいだった。

俺はそれをこっそり自分の部屋に運んで調べたんだ。

何かお宝が、例えば刀とか軍服とか
カッコイいものがあるかもと思って。

今思えばとんでもないバカなガキだった。

中には赤茶色のぼろ切れ、銃剣の剣、水筒や変な置物、手帳、
ワケわからんガラクタ、何枚かの写真、そして…白っぽい何か。

「なんだこれ?」

白っぽい何かは布にくるまれてた。

【じわ怖】怪文書

スポンサーリンク



1年くらい前、近所の人たちが

「これ多く作りすぎちゃったから」

とか

「田舎からたくさん送ってきたから食べて!」

と、料理や食料品を
頻繁にうちに持ってくるようになった。

うちも、器を返す時に
中にお菓子などをお返しに入れたりして
持って行ったけど

「そんな・・・無理しなくていいのよ」

と言われた。

【じわ怖】雨音

スポンサーリンク



その晩は雨が強く降っていた。

現場に着き、
トンネルの手前で車を脇に寄せ、一時停車。

その手の感覚は鈍いほうだが、
不気味な雰囲気は感じた。

「恐い場所だ」
という先行イメージのせいもあるだろうが。

しばらく休憩の後、
ゆっくりと車を進めトンネルに進入開始。

こういう体験は始めてなので、
ワクワクするような妙な高揚感を感じる。

友人達もいい年して
遊園地の乗り物を前にした子供のような表情で
目を輝かせていた。

【じわ怖】サクラ

スポンサーリンク



某出会い系サイトのサクラの話。

遊びで登録した出会い系サイトで
しつこい程この女からメール来てて、
ずっとシカトしてたんだけど
あまりにもしつこいので
古いメールから内容だけ確認してみたんだよ。

最初の頃は割りと普通の内容だったんだけど、
日を追う毎に段々とおかしな内容になって来て、

「ずっと誰かに見られてる気がする」

「帰り道をずっと誰かがついてくる」

とこんな内容ばかり。

そしてつい最近強姦に襲われそうになったらしく

「あたしは名無しさんと付き合ってるから
これ以上付き纏わないで!」

などとほざいたらしい。

【じわ怖】パパーッ!

スポンサーリンク



3年前、
夜の10時ごろに近所のツ○ヤにビデオ返しに行った帰り道、
後ろから

「パパーッ!パパッ!!!パパァァァアッ!!」

ってけたたましい叫び声が聞こえて振り返ると、
お腹パンパンの妊婦がすごい形相で走ってきててさ。

何事かと思ってちょっと固まったんだが、
周り見ても「パパ」らしき人どころか、
時間が時間だから俺以外に誰もいないんだよ。

これはヤバイと本能で感じて全速力で逃げた。

「ヴア"ア"ア"ア"ア"ア"ッッ!!!」

みたいなすごい咆哮がしたがとにかく逃げた。