FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話

【じわ怖】バスに乗れない人

スポンサーリンク



高校三年間、通学に使ったバス。

いつも通るコース上のバス停には、
絶対に“バスに乗れない人”が居た。

その人は夏も冬も、
いつも青いジャージを上に着ていて待っていた。

運転手はそのバス停に止まらないし、
止まっても、その人が乗り込む前に扉を閉めて発進してしまう。

それを見かねて、ある日、
例のバス停に差し掛かった時、

「お客さん居ますよ」

と言ったら、

「居ませんよ」

と答えが返ってきた。

【じわ怖】重病で入院

スポンサーリンク



4~5年前の話です。

高校生の頃、通学途中にバスの中で、
ほかの高校の女の子二人が話してるのを聞いたんですが…。

その子が重病で入院してて、
もう今夜が峠だろうという日があって、
親戚家族が病室に呼ばれてたんだそうです。

でも、集まってる人は誰もその子のことなんか興味なさそうで、
心配なんかしていない中、
その子のおばあちゃんだけが手を握って心配してくれて、
必死になにか語り掛けてくれてたんだそうです。

と言うところで目がさめて、
結局夢だったと。

【じわ怖】温泉街の事件

スポンサーリンク



岐阜北部のとある温泉街の旅館で働いてる友人から聞いた話です。

もう十年以上前の事件らしいんですが、
観光地に悪い噂が立つと困るので、
未だにその地方の関係者の間ではタブー扱いらしいです。

その温泉街は村全体が高い山間にあって、
冬は深雪に被われる場所です。

その集落からさらに2kmぐらい奥まった場所に、
犬や猫連れでも宿泊できるというホテルがあったらしくて、
そこでの話なんですが。

ホテルには勤めて数年になるフロントマンがいました。

冬の観光シーズンの時期だったそうです。

ホテルも繁盛してたみたいで、
その日も靴箱には色んなお客の靴がずらりと詰まっていました。

【じわ怖】オチャカナ

スポンサーリンク



もうかなり昔のことになるので、
思い出しながら書いていきたいと思います。

この歳になってあらためてそのことを考えますと、
経験した自分自身でもとても現実と思えない内容なので、
記憶だけでなく、その後に見た悪夢などが入り混じっているのでしょう。

正直に申しますと、
悪夢にうなされた記憶など全く無いのですが、
あれはそういうことだったのだと考えるようにしています。

あれは三十年くらい前、
当時私は中学生で、
まだ猟師を生業にする人たちも若干残っていた頃の話です。

私の祖父には狩猟の趣味があり、
愛犬2頭を連れてよく狩りに行っていたものでした。

【じわ怖】鏡の中のうしろ

スポンサーリンク



「鏡の中のうしろが怖いの」

K子が突然そんな事言い出すものだから、
僕は思わずお茶をこぼしてしまった。

「怖いって、何が?」

僕は半分笑いながら聞き返した。

ところがK子は真剣な顔で、

「うしろよ。
鏡の中に写る自分の背後から、
何か出てきそうで怖いの」

と言う。