FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

【じわ怖】母の事を少し怖いと思っていた

スポンサーリンク



母の事を少し怖いと思っていた時期があった。

小学4年生くらいの頃。

母は私が怪我をする部位を
毎回のように当てていた。

自転車の練習をすれば、
そりゃ毎回のように怪我もするだろう。

だけど母は、
今日は右足、今日は右手、
といった具合に怪我をする部位を当ててた。

サポーターとかもするんだけど、
それでも怪我をしてた。

それを当時は不思議に思わなかった。

自転車に乗れるようになって
少ししてから不思議に思った。

【じわ怖】工場と地下室

スポンサーリンク



僕は昔、東北に住んでて実家もそこで、
村を出るまではずっとその地方から出た事が無かったんですが、
20代の半ばまで働いてた工場が変な所だったので、
お話させていただければと思います。

僕が働いてた工場には地下室があるという噂があって、
実際に地下室への入り口もあるんです。

しかし工場長や社長に聞いても
そんな物は無いと言い張るんです。

たまに政治家の方なんかも見学と言いつつやってくるんですが、
いつの間にか消えてるんです。

名前は出せないと思いますので出しませんが、
有名な方も見学に来られていました。

同僚達と10人で夜中に
工場に潜入しようという話になり実行しました。

セコムがオンになっている通路や窓なんかも知っていたので、
担当の同僚に抜け道を作ってもらいました。

【じわ怖】詠地(よみじ)さん

スポンサーリンク



学生時代からアルバイトで
総合大工のような事をやってた。

水道もガスもプロパンも家も道も電気も、
田舎なんでなんでもやる職場だった。

その仕事のうちの一つなんだけど、
詠地(よみじ)さんを呼んで来るってのがあった。

詠地さんは普段はお寺の和尚で、
風水なんかもしてる。

多分職業の名称だと思うけど、
新しく家を建てる時なんかに来る人。

地元の人の認識だと、
土地で何があったかなどの事柄に精通してる人って認識だった。

高校の3年間そこで働いたけど、
建設許可が出なかった事なんて無かったんだけど、
俺が社会人になってから結構頻発して、
詠地さんからNGが出る事があった。