FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

【じわ怖】山中の雪道で

スポンサーリンク



俺は霊を信じていたのだが、
今まで一度も見たことがなかった。

今から3年前までは…

俺らは、俺の彼女と友達2人、
計4人で湯沢のスキー場にスノボをしに行った。

湯沢にはSのリゾートマンションがあって、
そこに2泊3日の予定で行った。

その時期は吹雪がすごく、
2泊3日のうち2日が吹雪のせいでまともに滑れなかった。

最終日もあいにくの吹雪。

午前中はそれでも気合を入れて滑っていたが、
午後になるとますます吹雪は強くなり、
夕方前に切り上げた。

マンションに帰り一息をつけた僕らは、
帰る支度をして一路家路へと向かった。

【じわ怖】スキー場に現れたもの

スポンサーリンク



私の知人に山田(仮名)という、
マタギと言うか猟師の男がいた。

専業の猟師ではなくて、
本業を別に持っている季節限定猟師だ。

私と彼は仕事を通じて知り合ったのだが、
身元が割れると嫌なので私の職業と彼の本業は伏せる。

地名も伏せる。

何年も前の冬、
山田が連絡をよこした。

当時、山田の山(彼の持ち山ではなくて、猟をする山)に
スキー場を作る話があって、
山田は環境保護団体と一緒に、
建設反対運動をやっていた。

その運動に協力してほしいと言う。

【じわ怖】僕には机は要らないんだ

スポンサーリンク



だいぶ前に何かで読んだ、
小学校に上がる前の小さな男の子の話です。

その子が通っていた幼稚園で乗り物をテーマに絵を描くことがあり、
子供達はそれぞれ船とか飛行機とか車とか絵を描きました。

だいたい小さい子供の描く絵は、
真横からなどの単純なアングルの絵が多いものですが、
その男の子の描いた絵は青いトラックを斜め下から描いた、
ちょっと不思議な絵だったそうです。

また、小学校に入学するということで
学習机を買ってあげるということになり、
お店で好きな机を選ばせようとしたが、

「僕には机は要らないんだ」

とちょっと寂しそうに言って選ぼうとせず、
変な事を言う子だと家族も不思議がったそうです。

やがて小学校の入学が近づき、
通学の練習ということで、
おじいちゃんに連れられて
小学校までの道を散歩することが度々ありました。