【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】母親が祖母のお腹にいた時の話

【じわ怖】母親が祖母のお腹にいた時の話

スポンサーリンク



短いですけど、
僕の母親が祖母のお腹にいた時の話。

祖母が結構急な登り坂を歩いている時、
周りには誰もいなかったみたいなんですね。

けど気がつくと、
老人の杖をついた男性が目の前にいたそうなんです。

祖母がびっくりしすぎて目を丸くしてると、
その男性が祖母に、

「あなたのお腹の中にいる赤ちゃんは、すごい霊能力をもっている。
生まれたらすぐに神社へ行き、その子をみてもらい、修行させなさい。
でなければ、その子は自分の能力に潰されてしまう」

そう言うと老人はニコっと笑って、
坂道をゆっくり歩いて行ったそうです。

すぐに祖母はお礼を言おうと振り返ったんですが、
そこには誰もいなかったそうです。

その道に民家はなく、
祖母の後ろの道は20mぐらいはあったそうです。

正に消えたと言う感じだったみたいです。

それから程なくして妊娠が分かって生んだわけですが、
何故か祖母は神社には行かず、
老人の言葉を無視したみたいです。

その後大変な事になりましたよ
祖母のせいで本当に。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/907-1b6d8c40