FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】誰も使っていない山道

【じわ怖】誰も使っていない山道

スポンサーリンク



中学生の頃、
祖父と一緒に山に登ったことがあります。

登山中にはいろんな人とすれ違い、
結構人でにぎわっていました。

そして中間地点で休憩していた時に、
正規の登山ルート(今きた人がたくさんいる道)から横10mほどの所に、
もう一つ道があるのを見つけました。

祖父に一言言って許可をもらってから、
少しだけ行ってすぐ戻ってくると言う条件で、
私はその道に行ってみました。

草むらをかき分け、
たどり付いた(と言うほど離れてもいないのですが)その道は、
正規のルートと何ら変わりの無い道でした。

一つ違う所と言えば、
その道を誰も使っていなかったと言う事です。

何もないし、おもしろくないなぁと思った私は、
その道を出ようと思い、踵を返そうとしました。

そのとき、道(人がいないほう)の上から、
物凄い振動とともに大きな足音が聞こえてきました。

よく見ると、
結構な速さで何か大きな物が近付いてくるのです。

!!!???

訳が分からなくなった私は、
急いでもと来た草むらを戻りました。

そして正規のルートに戻りかけたそのとき、
私は後ろを振り返りました。

そしてそこにいたのは、まさしく、『恐竜』・・・

たくましい脚に、
その巨体に見合わない小さな腕。

太い尻尾、
人間など簡単に飲み込んでしまうであろう大きな顎。

一瞬でしたが、
逆にそれが強く印象に残ったのでしょう。

はっきりと覚えています。

私はしばらく動けませんでした。

恐竜は私のほうに顔を向け、
某恐竜映画のごとく咆哮をあげました。

耳をつんざくような叫び声を聞くとと同時に、
私は自分のいる草むらに、
登山者が捨てたであろう空き缶が落ちているのがちらりと見えました。

私は恐竜と目を合わせたまま、
その空き缶を拾うと、
恐竜は私から目をそらし、
最後に天に向かって咆哮をあげ、
そのまま去っていきました。

こんな話を誰が信じてくれるだろうか、と思ったのですが、
頂上についたときに、祖父に休憩地点で何か聞こえなかったか、
と聞いてみました。

が、もちろん何も聞いていないと。

あれが何だったのか分かりませんが、
自分の中では恐竜の姿を借りた山の神様、
と思いたいです。

山が汚れていくのが悲しい…
最後の天に向かっての咆哮はそんな感じもしました。

今ではいい思い出です。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/4294-cdc7b355