FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】びいだま

【じわ怖】びいだま

スポンサーリンク



多分子供を怖がらすための作り話でしょうが、
こんな話を子供のころ聞かされました。

窓にむやみに近づいてはいけないというのです。

理由は、ガラスは液体だからとういものでした。

物理上か化学上か知りませんが
ガラスは厳密には固体ではないので、
期限がくると粉々に砕け散るということです。

私の学校では当時びいだま弾きがはやっていましたが、
勢いよくカチンとやるたびに

「あっ、今が期限だったらどうしよう!」

とびくびくしたものでした。

それだけなら可愛いお話なのですけど。

仲の良いお友達が転校することになって、
私は悲しくて泣いていたのですが、
その子がいよいよ引越しということになって、
見送りに行った日、
宝物のびいだまをくれたのです。

とても大事にして、
弾きにも使わないものでした。

私はそんな大切なものもらえないと言いました。

すると、

「よく、この玉の中をみて」

というのです。

私が太陽の光にかざして
中を一生懸命覗き込みました。

すると玉の中心に炎のようなものが見えたのです。

「あっ。中でなにか燃えてるよ」

「そうでしょ。とっても不思議なの。
これを私だと思って持ってって。
私がどんなに元気かいつでもわかるから」

そういって彼女は出発していきました。

私が成長して高校生になったころ、
すっかり忘れていたこのびいだまを再び見つけました。

そして思い出を懐かしみながら、
また陽にかざしてみました。

でもいくら覗き込んでも、
あの炎のような輝きは見えませんでした。

あれは幻だったのか…
子供だし何かを見間違えたのかも。

でも気になって、
しばらく座布団に乗せて机の上においていました。

そしたらある日突然砕けて砂になってしまったのです。

ああ、期限がきたのだな。と思いました。

あの子の消息はわかりませんが、
きっと死んでると思います。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/4251-f2ac0079