FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】母親の実家は猫を飼ってた

【じわ怖】母親の実家は猫を飼ってた

スポンサーリンク



俺の伯母さん(俺の母親の姉)の話。

母親の実家は猫を飼ってたんだ。

母猫に置き去りにされた子猫で、
当時世話をしていたのが実家にまだ住んでいた伯母さんだった。

避妊の手術の時や寂しくて夜泣きするときとか、
ずっと伯母さんが世話してた。

やがて伯母さんも結婚して他県へ嫁いだ。

それからも猫は実家に住んでる。

猫は13歳くらいになっておばあちゃん猫になったけど、
それでも可愛くて、
母さんも実家に帰省するたび猫を何かと可愛がっていた。

その伯母さん、
去年の暮れに亡くなったんだ。

事故だったよ。

突然すぎて俺はもちろん家族全員大号泣。

悲しくて寂しくて大変だった。

伯母さんの葬式の時、
その猫ずっと伯母さんの遺体から離れなかった。

田舎だったってこともあって、
遺体は葬儀場に持っていくまで実家に寝かせてたんだけど、
その間ずっと猫は伯母さんに寄り添ってた。

それから半年後、
俺はひょんなことから、
友人を連れて母親の実家に行くことになったんだよね。

たまたま実家に行く用事ができて、
母親が一緒に行くのに俺の友人も連れて行きましょって感じだった。

友人とは小学生のころからの仲だし気心しれているから、
本人も行くってんで実家へGO。

母親自体は父親母親(俺からしたら祖父と祖母)に話があり、
待ってる間、俺と友人は猫と遊ぶことにした。

もうおばあちゃん猫だから激しい遊びはしないけど、
とても可愛くて話しかけると返事してくれる。

すると友人が突然

「伯母さんの写真どこ?」

って言ってきた。

友人がそんな話をするのもびっくりしたが、
何故突然写真?とか思った。

友人いわく、

「猫が伯母さんを見たがってる」

俺は知らなかったのだが
友人はいわゆる見える人で、
霊感とか普通にあるんだって。

で、たまに動物と話ができるとか言われた。

猫が

「伯母さんの写真があれば見たいからだして」

って要求してきたんだって。

俺は携帯に以前撮ったおばさんの写メが残ってたから、
それを猫に見せてみた。

猫はそれから俺達が帰るまで、
ずーっと伯母さんの写真を見ながら座ってた。

母親の用事が終わって帰る時、
俺の携帯も充電切れちゃって、
猫に次帰るときは写真もってくるって伝えておいた。

帰りの車の中で
友人は猫の話をしてくれた。

伯母さんは色々猫に話をしてたんだって。

好き嫌いせず食べなさいとか、
どこそこへ行く時は気をつけるんだよとか色々。

本当に小さい子供を育てるように伯母さんは猫に色々教えてて、
死ぬってことも教えてたんだって。

猫も人もいつか死ぬって。

やがて私もお前(猫ね)と会えなくなる時が来るだろう。

それはいつ来るかわからなくて、
ずっと先かもしれないし、
もしかしてすぐかもしれない。

猫が先に死んだら私が見送ってあげる。

だから私が死んだらあなたが見送ってねってさ。

だから猫は葬式の時、
伯母さんの側にずっといたんだって。

いつかみんな死んだら同じ所に行く。

いつか多分会えるから、
それまでまたねって教えて貰ったって。

ただ会えなくなった理由はわかるけど、
会えるその日まで結構寂しいから
猫が写真を見たがったって聞かされた。

猫が人の死を理解して寂しいと感じるなんて驚いたし、
伯母さんが猫と本当に色んな話をしてたんだなって知れてよかったよ。

GWの後半に実家に行く予定なんだけど、
写真持っていくんだ。

猫へのお土産。

そして猫と話そうと思う。

俺も伯母さんと会えなくてさみしいよって。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/4014-6472ce17