FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】オヤジのタクシー

【じわ怖】オヤジのタクシー

スポンサーリンク



私、タクシーの運転手をしております。

個人ではなくまとまりの会社ですが、
だいたいの皆様がいつも同じナンバーのタクシーで営業にいきます。

私が入社したてのある日、
私のお気に入りのナンバーのタクシーが
車検のためありませんでした。

変わりに出されたのが、
会社のガレージの隅にある
今は化石といわれるミッション車使用のタクシーです。

が、ナビは私のと同じでほっとしました

さて、ここからです。

不思議な事に、
お客様が入れ食いでうはうはなのですが、
ナビの案内と車の調子がおかしいんです。

悪い意味でなく、良い意味で。

例えば、ねずみ園に行くのに
渋滞なしでも1時間かかる道が45分で着いたり
(自分の知らない道順で案内され従った結果)、
急にエンストしたと思ったら子供が飛び出してきたり
(何時もの調子なら間違いなく轢いてた)、
という具合。

明らかにおかしいので上司に相談したところ、
あるところに連れていかれました。

そこは、この会社に貢献した人の写真が飾られてました。

ありました、
白髪の老紳士とあのタクシーが。

上司が話しました。

今日、お前が乗ったタクシーは
オヤジ(あだ名)が使ってた奴なんだ。

何でも、そのオヤジさんは
普通二種をとってすぐにこの会社に入った人物。

まだナビも普及されてないなか、
その人の指示通り行くと渋滞なし、
もしくは渋滞ありでもすぐに着く道順を作ってくれたとか。

いつもAMラジオと天気予報、
地図帳でその日ベストなルートを作る天才。

更に運転もうまく、
名指しで指名が来るほど。

定年になり、
その頃からナビが普及しだしたが、
当時の社長さんが再雇用枠でまた雇用した。

いくらナビがついても
その人のルートにはかなわないからだ。

そして指名がはいるから。

ある年、
社長が配置換えされ別の人物が着いた。

その人は、
ナビもあるのにオヤジに頼る社員にむかつきと、
自分に懐かない社員のむかつきで、
オヤジをあっさり解雇。

これで自分に目が行くだろうと思ったが
正反対だった。

徐々にうちは衰退し、
それと同時に前社長が戻ってきた。

オヤジが愛用してた地図帳を元にルート作りをし、
なんとか以前程になった。

社長が菓子折りを持ってオヤジの家に行こうと考えた時、
一通の手紙。

亡くなったのだ、オヤジが。

それからオヤジが愛用してたタクシーに変化が起きた。

ナビの件しかり、
エンストの件しかり、
防犯機能を付けていないのに、
他のタクシーを泥しようとすると
クラクションが鳴り響くといった具合。

オヤジありがとうと感謝の意味を込めて、
未だにそのタクシーを残してあるんだとか。

あれから数年たっても、
そのタクシーはあります。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3993-546bc338