FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】アドバイスをする人形

【じわ怖】アドバイスをする人形

スポンサーリンク



何かアレだから、
怖いかいい話かよくわからない話をひとつ。

ウチには等身大のベビードールがいる。

両親が結婚祝いにもらった人形だから、
もうすっかりビンテージだけど。

不思議な事がおこりはじめたのは、
母が姉を妊娠してから。

人形の近くにいると、時々か細い声で、

「…だから…したほうがいいよ」

という、妊娠中のアドバイスが聞こえるようになった。

もちろん、テレビもラジオも付いていない。

でも、内容は的確。

ほとんどが母の体調が悪くなりかけた時に、
対処法を教えてくれていたそう。

おかげで、母(姉)は2度ほど流産を免れたそうだ。

声は母にしか聞こえず、
その母も人形のすぐそばで、
しかも人形に注意を払っていない時しか聞くことはできなかった。

母が最後に聞いたのは、
姉出産の直前。

いつものように、
人形のそばでチクチクと刺繍をしていたら、

「う~……ん…がんばってね」

と。

「何を?」

って顔を上げた途端、陣痛が来て…。

私の時は、アドバイスは無かったらしい。

人形の声を、
私も3、4歳の頃2回聞いたことがあるんだけど、
なぜか私に対しては洒落にならない内容。

その当時は、
人形の居場所はリビングになっていたんだけど、
母とケーキを作っている最中、
たまたま母が席を立ったタイミングで、

「それおいしいよ。甘いジュースだよ」

って、か細い声が聞こえた。

テーブルの上のボウルには、
溶いたばかりのスポンジ生地の原液が。

匂いは甘いので、
味もきっと甘いに違いない!
とボウルから直飲みしようとした瞬間…

戻ってきた母に止められました。

別の日、
クッキーの缶に入っていたシリカゲルを眺めていたら、

「それおいしいよ。お砂糖だよ」

さすがにそれにはひっかかりませんでした。

人形は今もリビングでにいますが、
最近1人きりでいるとなんとなく視線を感じる。

悪意のある視線じゃなくて、
何かこう、ツッコミ待ちしているwktk視線というか。

そういえば最近、
両親が老後の趣味とかで家庭菜園をはじめた…。

Amazonで思わず、

『食べられる野草と毒草』

という図鑑を買ってしまいました…

あの人形なら、母に毒草買わせて、
私に食べろと囁く位やりかねない気がするので。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3941-faeccde1