【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】昔ばーちゃんから聞いた話

【じわ怖】昔ばーちゃんから聞いた話

スポンサーリンク



昔ばーちゃんから聞いた話を一つ。

第二次世界大戦中、うちのばーちゃん(サノ)が10歳のころ、
お姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に預けられていた。

しかし、この村にも爆弾が落とされた。

たくさんの人が死に、親戚の人も亡くなってしまった。

サノとねーさんはそこにはいられなくなり、
その日のうちに、隣の県にあるもう一つの親戚の家に行くことになりました。 空襲で線路は壊され、歩いて行く事になりました。

道は険しく、食料不足のため治安も最悪でした。

人気の無い山道を選んだがとても寒く、そんなときは

「新聞紙を服の中に挟むと暖かいよ」

と、ねーさんが優しくサノを守ってくれました。

何とか県境へ入り、そこからバスで親戚の家へ向かいました。

バスの中でサノはいつの間にか寝てしまい、
目が覚めると、親戚のおばさんに起こされていました。

「よく一人できたね、サノちゃんはホントにえらいわー」

と言われた。

起きると姉はいなくなっていたのだ。

それどころか、姉は実家にいたとき、
サノが9歳の頃にすでに肺炎で亡くなっていたのだった。

この1年間共に過ごした姉は、この世の人では無かったのでした。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/389-87fdd60b