FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】特定される

【じわ怖】特定される

スポンサーリンク



自分が体験したリアル凸話。

特定できうる話なのでフェイク込み。

親戚がとある手記をレポート投稿した。

その投稿では、投稿者の本名などが、
断片的ではあるけど投稿内容と一緒に掲載されてしまうルール。

掲載が決まり、
掲載薄謝をもらって親戚は喜んでいた。

後日、所用でその親戚に訪問した時、
不審な電話がかかってきた。

親戚が手が離せなかったので、
自分が代わりに出たんだけど、
電話の主は

『(親戚の名前フルネーム。ただし実際の読みとは違う)さんいらっしゃいますか?』

としか言わない。

セールスとは違う雰囲気だったんで、
取り次ぐ前に用件を聞いたところ、

『この前の投稿を拝見したので、
是非そのことでお話がしたくて!』

と言う。

ちょっとテンション高い口調に引きつつ、
親戚に取り次ぐかどうか確認したら、受けるという。

親戚はその後しばらく話をして電話を切ったので、
親戚に確認したら、
電話の主は全くの赤の他人で、

『投稿内容に感銘を受けて、
是非御本人とお話をしたいと思ったので、
電話帳で同じ苗字の番号を手当たり次第に調べた』

のだそうだ。

掲載時の

『××県○○市のA山B子さん(仮名)』

の情報を頼りに、
該当地域の電話帳総当たりでかけまくって、
親戚にたどり着いたという。

自分も本業で名前を晒すこともあるので、
そういう人もいるんだと改めて実感してものすごく怖かった。

電話帳への登録掲載断っておいて本当によかった。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3883-9bdb18a6