FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】壁大手のお誕生会

【じわ怖】壁大手のお誕生会

スポンサーリンク



バブル全盛期で壁大手のお茶会等が開かれていた頃の昔話です。

食材やメニューは少しフェイクを入れています。

親しい同人仲間や希望する読み手を集めて、
壁大手のAさんのお誕生会をすることになった。

Aさんは和食、特に魚が大好きな人だったので、
とある割烹を貸し切って懐石料理+αを手配した。

どれも美味しい料理で和やかに会は進み、
半ばになってから、
Aさんの大好物であるマグロの刺身が出て来た。

会場を手配したBさんが、

「小ぶりのを一匹まるごと捌いて貰いました!
主役のAさんには一番おいしいところで~す!」

と、Aさんの前にひときわ大きな皿を置いて、盛り上がった。

さあ食べようって箸を持ち上げたところで、
酔った参加者の一人が

「一匹ってすげぇwちょっと、組み立てよwww」

と言い出して、
周りもそれに乗って、
マグロ復元大会が始まった。

各皿とは別に舟盛になった頭や尾の部分に
みんなでわーっと盛っていったんだが、
マグロ一匹がAさんの皿の切り身を使わずに完成してしまった。

しかも、Aさんのは
明らかに他の人の物と異なる質感と色。

霜降りで特に美味しいんです!と言われて
そんなもんかと思ってたけど、
肉で言うなら牛肉と鶏肉くらい違う。

「え…?」

ってなって周りを見渡すと、
Bさんは消えていた。

店に確認したら案の定、
Bはマグロと別に切り身を持ち込んでいた。

お金はすでに払い済みで実害はなかったけど、
今でもほんのりと怖い。

Bはいったい何を食べさせようとしたんだろう…

切り身は一見食べられそうではあったが、
気味悪くて箸を付けずにそのまま店に処分して貰った。

今思うと何だったのか調べて貰えばよかったけど、
その時は思いつかなくて、
おかげで今もやもやしているw

Bさんは文字通り音信不通。

誰も会ってない。

幹事(店を手配したBさんとは別の人)が交換していた電話番号は、
コールはするけどいつ掛けても誰も出ることがなかったそうだ。

ちなみにBさんは県外在住で読み手枠で参加した人で、
参加者の中に友達はおらず、一人参加でした。

今なら読み手が参加するお誕生会自体がありえないよねw


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3879-c345f327