FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】うちの会社が潰れかけた

【じわ怖】うちの会社が潰れかけた

スポンサーリンク



二、三年前のことなんだけど、
うちの会社が潰れかけた。

社内の雰囲気は当然暗いし、
精神病んじゃった同僚とかもいて、
でも部署の関係上、さっと転職することもできず、
不始末の尻拭いばかりに追われて毎日が鬱だった。

ある日、夜遅くに仕事から帰ってきてから、
とりあえずパソコンつけて音楽流してるうちに眠くなってきて、
このまま会社が潰れたら路頭に迷うのかなあ…なんて思いながら、
そのまま床に横になって寝てしまった。

夜中の3時くらいになって目が覚めて、
ふとつきっぱなしのモニター見たら、
見覚えのあるキャラがモニターからじーっとこっちを見てた。

黒髪に着物の侍のキャラクター。

その下には

『案ずるな。存外なんとかなるものだ』

の文字。

驚いてもう一度モニターを見直したら、
起動させてもいないゲームソフトが立ち上がってて、
そのゲーム画面がモニターいっぱいに映し出されてた。

『案ずるな~』ってのは、
メッセージボックスに表示されたキャラの台詞。

で、このゲームってのが、
学生時代に趣味で作ってた同人ゲーム。

自分でへったくそな立ち絵描いて、シナリオ書いて、
プログラムなんか全然わからずに、
ひいひい言いながら完成させたノベルゲーだった。

なんでそんなもんが寝てる間に起動してたのかは知らん。

自分は一人暮らしだし、床で寝てたら、
高さからして机の上のマウスに触ることもないだろう。

もちろん今までそんなことは起きたことなかったし、
もうずっと起動させてなくてゲームの存在だって忘れかけてた。

きっと、ただ偶然、
よくわからない不具合か誤作動かが起きてソフトが起動して、
たまたまその画面が写ってただけなんだろう。

でもその時の自分には、
そのキャラが心配して出て来てくれて、
自分を励ましてくれたように思えたんだ。

深夜だっていうのに一人でモニターの前で泣いてしまった。

なんとかなるから頑張ろうって素直に思えた。

その後、会社は親会社に吸収された。

自分はそのまま社員として何とかやっていけてる。

あれから夜中に勝手にソフトが起動することはないが、
なにか辛いことがあったら、刀を持った侍と

『案ずるな。存外なんとかなるものだ』

と表示されたあの画面を思い出すようにしている。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3873-3df996d1