FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】自分は疲れてるんだな

【じわ怖】自分は疲れてるんだな

スポンサーリンク



デスマで連日会社に泊まってた時の話。

ドリンク剤が切れたのでコンビニに行った。

帰り道にある植木の側で
小学生がうずくまってる。

はじめスルーしたんだが、夜で暗かったし、
心配になったので声をかけようと背後から近寄った。

そしたらランドセルの隙間から
手がヒラヒラ出てる。

自分は疲れてるんだなと思い目頭を押さえ、
改めて小学生を見たらさっきと何か違う。

すぐ気付いたんだが、
小学生は背負ってたランドセルを腹に抱え込んでた。

必然的に自分からは小学生の背中が見えるんだが、
背中に人が張り付いてる。

その人は小学生より小さいんだが、
多分おばさん。

ああ相当疲れてるな自分と思い、
張り付きババアは見なかった事にして

「大丈夫?」

と声をかけた。

小学生は無言。

その間もババアは張り付いてるわけだが、
無視して何度か声を掛けた。

そこでふと時間が気になって時計を見たら25時。

おいおいいくら何でもこんな時間に小学生が外出てるのはまずいだろと思い、
仕方なく肩に手をかけようと近寄ったら、
小学生ババア背負ったままいきなりダッシュ。

走る音が雨の中を走るみたいなバシャバシャした音で、
何だあれと思った。

ちなみに天気は晴で地面は渇いてた。

仕方ないので社に戻り、顔洗って席に着いたら、
普段めったに話さない隣の席の奴が

「さっき、よく声かけられましたね」

と言ってきた。

お前になんか声かけてねーよと思ったが、
すぐさっきの小学生の事だと思った。

自分は隣の奴嫌いなんで、ハアと言って仕事に戻った。

で、ここからが恐いんだが、
席についてPC起動したら1日かけて組んだソースが飛んでた。

35だが説明不足だった。

隣の席の奴は自分より先に飯を買いに出てた。

先に出る
→帰りに自分を見掛ける
→そのまま先に帰社したんだと思ったがどうだろうな。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3871-a08c6555