FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】早朝のジョギング

【じわ怖】早朝のジョギング

スポンサーリンク



原稿を朝までやってて、
早朝に仕事から帰ってくるダンナとジョギングしてた頃の話。

冬だったから外は真っ暗で、
寝てない頭で走ってたから、
ときどきヘンな人?霊?とか見かけてたんだけど、
一番怖かったのが、
3メートルくらいはある透明なものが
のっしのっし歩いてるのを見たとき。

明らかに人間じゃないスケールのモノが
50メートル先くらいを歩いてて、
いっぺんに目がさめた。

例えるなら、
もののけ姫に出てきたダイダラボッチみたいな感じだった。

走って追いかけたんだけど、
通りを曲がったとたんに消えてしまった。

一緒に走ってたダンナは
気づいてないっぽかったから黙ってたんだけど、

「今の見た?」

て聞いたら、そのときは

「何のこと?」

て言った。

半年ほどたってその話をしたら、

「実はあのとき自分もそれを見た。
怖くて言い出せんかった」

とのたまった。

ダンナの目にはダイダラボッチじゃなくて、
白く光るやたらでかい男に見えてたらしい。

どっちにしても得体のしれないものがウヨウヨしてるんで、
日の昇らない早朝のジョギングはそれからやめた。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3870-4ad997cf