FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】幼い頃は見えていた

【じわ怖】幼い頃は見えていた

スポンサーリンク



子どもは幽霊が見えるだのトト○が見えるだのよく言うけれど、
かくいう自分もそうだったらしい。

幼い頃のことなんて綺麗さっぱり覚えていないが、
親が時々その話をしてくれる。

五月人形や雛人形とお喋りや唄を歌ってたり、
誰もいない暗闇に故人がいると言ったりと、
気味が悪い行動ばかりするものだから、
お寺にお世話になることが度々あったらしい。

記憶にないその話が本当かどうか確かめたくて、
先日そのお寺に訪問した。

住職さんの話も親のものと全く同じ、
しかも当時預けた人形まで見せてくれた。

『寂しいと泣いていたから連れてきた』

と言って私が持っていた可愛い金髪の人形を、
母は気味悪がり、寺に預けたそうな。

現在人形好きである私にとってその金髪人形はとても魅力的で、
思いきって引き取ってみた。

綺麗に磨いて服も新調し、
他の人形と一緒に棚に並べて就寝。

翌日起きると、
人形の一体が棚から落ちていた。

何かの拍子で落ちたのだろうと思っていたら、
その翌日には三体。

四体、六体と朝起きる度に
落ちている人形の数が増えていった。

でも金髪人形は一度も落ちたことが無かった。

人形は全部で二十体ぐらいあり、
中には落ちて壊れてしまったものもあった。

「お前が来てからこんなことばっかりだ!」

殆んどが贈り物や外国で買ったもので、
大切にしているものだったので、
悲しくてぼろぼろ泣きながら、
お寺で引き取った金髪人形を箱に封印。

それを無視して、
他の落ちた人形が壊れてないか念入りに調べていたところ、
なんと壊れた人形と、ヒビが入った人形の腹の綿の中に、
盗聴器が入っていた。

ともに同人で知り合った男性から頂いたもの。

びっくりして他の人形も調べたら、
髪の毛や変な紙が入っているものもあった。
(それぞれ違う人から頂いた)

盗聴器諸々は処理を済ませ、
金髪人形を箱から出し謝罪とお礼を言いました。

幼い頃のままだったら
もっと早くに盗聴器に気付けたかもしれないと思うと、
今人形とお喋りできないのが口惜しくてたまらない。

この人形がいなかったら盗聴されたままで、
変な呪いの被害にあっていたかもしれないと思うと恐いです。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3833-dc70210f