FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】隣のアパートにお爺さんが一人暮らししてた

【じわ怖】隣のアパートにお爺さんが一人暮らししてた

スポンサーリンク



小学3年の頃、
隣のアパートに90歳くらいのお爺さんが一人暮らししてた。

ある夜、隣からドタバタとうるさい音がしたので
母親について訪ねてみたら、
お爺さんが洗面器一杯に血を吐いていた。

すぐに救急車呼んで、
翌日病室へ行ってみると
40歳ぐらいに若返ったお爺さんに会った。

母親は気付いてなかった。

お医者さんにどうして救急車呼んだんですか?と言われ、
洗面器一杯の血を吐いてたからと言うと、
そんなバカな!と取り合ってくれなかった。

翌日また病室に行くと、
お爺さんの汚い服を着た20歳くらいの若者が待ってて、
お礼にと500gくらいの鉛色の金属の延べ棒をくれた。

母はこりゃ価値全くないと長年決めつけ、
ずっと食器棚の奥に入れて無視してたが、
近年他界し遺品整理してたら発見し、
査定してもらったら地金に灰色の塗料をつけたもので250万円以上になった。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3765-c29fe5ba