FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】自分と同じ服を着た人

【じわ怖】自分と同じ服を着た人

スポンサーリンク



子供の頃から、
親も間違えるほど似た人が同じ生活圏内にいたらしかった。

だから友達に

「昨日○○にいたね」

と言われることがよくあった。

学校にいるはずの時間に、
ショッピングセンター内の美容室で髪を切っている姿を見かけた!と、
学校から帰宅するなり親に叱られたこともあった。

高校生3年の夏休み、
学校主催の合宿帰りに乗った電車のドア横に立ってた。

それはいつもはまず乗らない路線だった。

駅につくと反対側のホームにも電車が停まっていたんだけど、
そのドアのところで、私そっくりという噂の人をついに見た。

噂通りすごく似ていたけど、
私は奥二重なのに彼女は綺麗な幅広二重、
髪を巻いていて、コンサバファッションで、
自分より綺麗な人だなと思いながらボーッと見てた。

彼女はふと顔を上げ私を見つけると、
すごく驚いたように目を見開いて私を見ていた。

向こうの電車がゆっくり動き出しても、
視線は私から離すことはなかった。

大学生になり、
あの時の路線は大学やバイト先に行くために毎日乗っていた。

ドア横に立って本を読んでいたけど、
視線の端に反対側のホームにも電車が停まったことが見え、
ふと顔をあげた。

私の出身高の制服を着た、
高校生の私がその電車内にいた。

母校は私の学年を最後に微妙に制服が変わっているなのに、
その高校生は当時の制服を着てたんだ。

それに私の学年カラーの襟章と生徒会役員章もついていた。

生徒会は3年生しかいないけど、
その学年カラーの子が本当に存在するなら、
彼女はまだ1年生のはずだから、
生徒会役員章をつけているはずはなかった。

彼女はまるで人形のように、
表情を変えることなく私のことを見ていた。

私が乗る電車が先に動き始めてしまい、
彼女が見えなくなるまで私はその姿を見ていた。

バイト先について更衣室に入ると、
大きな鏡がある。

そこで自分の姿を改めて見た。

巻き髪、メイクで二重にした顔、コンサバファッション…

あの時に見たのは今の私の姿そのものだった

じゃああの子はやっぱり1年前の私ということになるのか…

その日以来、私の生活圏内で

「○○にいたよね?」

と言われたことはない。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3733-a5cf88c0