FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】お袋から急を知らせる電話が職場にかかってきた

【じわ怖】お袋から急を知らせる電話が職場にかかってきた

スポンサーリンク



ガンで入院中の親父が危篤になったときの話。

お袋から急を知らせる電話が職場にかかってきたので、
俺は10分ほどで急用をすませて会社を出て、病院へ急いだ。

会社から病院までは地下鉄を乗り継いで約40分。

俺が病室に入ると、お袋は

「早かったのね!」

と驚いた顔をした。

親父の容態が急変したのは約50分前、
お袋が俺のスマホにかけたのは30分程前だそうだ。

スマホの着信を見ると確かに着信は30分前になっていたが、
俺は(少なくとも俺の記憶では)確かに50分程前に電話を受けたんだ。

うちの会社はタイムキーパーがないので正確な早退時刻はわからないが、
会社から病院まで地下鉄で20分で行くのは無理なんだよ。

不可解は不可解だけど、
でもそのおかげで親父の最後に間に合ったからラッキーだったと思う。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3717-e4c50553