FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】不妊治療をしてた

【じわ怖】不妊治療をしてた

スポンサーリンク



私は病気が原因で妊娠できないと言われていたけど、
諦められなくて不妊治療してた。

そんな時、隣の独り暮らしのお爺さんが亡くなった。

お爺さんは生前、
野良猫を1匹餌付けして、
半野良状態で飼っていたんだけど、
その野良猫が赤ちゃんを産んだ。

それから1週間ほどした日に、
お爺さんの弟さんが遺品整理に来てて、
帰る際にたまたま子猫だけが納戸に閉じ込められる形になってしまった。

親猫は1日鳴いていたけど諦めてどっか行ってしまった。

両親は放っておけと言った。

けど、鳴き続ける子猫の声に耐えられなくて、
お爺さんの弟さんに連絡して納戸を開けてもらい、
雄雌1匹ずつを保護した。

ウチには先住猫と犬がいたので、
これ以上は飼えなくて必死に飼い主を探した。

両親には保健所で処分しろって何度も言われた。

けど、やっぱりできなかった。

市内の動物病院、
隣の市町村の動物病院に張り紙して、
知り合いに片っ端から訪ね回って、
2匹とも飼い主が見つかり、里子に出した。

その月、男の子と女の子を妊娠した。

不妊治療の成果と言われてしまえば、それまでだし、
産まれてくる子があの時保護した子猫達と同じ性別なのも、
偶然なのかもしれない。

けど、自分的に猫の恩返しって思えてならない。

今でも子猫達が貰われた先で楽しそうに遊んでる姿を時々夢に見る。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3688-cdb2ef8e