FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】自動販売機

【じわ怖】自動販売機

スポンサーリンク



友人の話。

実家近くの里道を、
夜中に一人で歩いていた。

暑い夏の既設だったが、
山からの風が涼しく心地良かったのだという。

「喉が渇いたな」

そんなことを思いながら歩いていると、
行く手に明かりが見えた。

自動販売機だ。

「お、あそこで何か買おう」

冷たい喉越しを連想し、
自然と足が速くなる。

あと少しの所まで近寄ったその時、
パッと明かりが消えた。

傍に寄ってみると、
そこにあったのは壊れてボロボロになった自動販売機だった。

表面が至る箇所で赤錆びていて、
間違いなく使われなくなって久しい代物だ。

化かされたような気持ちで、
そこを後にしたという。

実家にいた従兄弟にこの話をしてみると、

「あぁ、あそこって自販機の幽霊が出るんだよ」

と普通な顔で言われたそうだ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3620-b4a6338c