FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】産業廃棄物処理場?

【じわ怖】産業廃棄物処理場?

スポンサーリンク



10年ほど前にちょっと危ないアルバイトした時の話。

当時は西新宿にあるグレーゾーンで仕事してて、
そこに出入りしてる人があっち系の人だった。

そういう人と仲良くなってしばらくして、
日給10万で場所は秘密だけど、
タコ部屋があった場所の事務所の片付けをして欲しいって話をされた。

一応すでに片付けたらしいんだけど、
片付けた下っ端がバカだから
ゴミとかに見られちゃヤバイのがあるかもしれない。

だけどその片付けを自分はやりたくないから、
素人何人か連れてって掃除させると言うのがお仕事の内容。

金曜の夜に集合して日曜解散、
バイト代は口止め料含めて30万って話のいいお小遣い稼ぎだった。

待ち合わせ場所に行くと同僚が2人いて、
ドライバー兼監視役1人の系4人で出発だった

行きも途中で30分無意味に止まったりして、
俺らに時間で距離を測って場所を推測されない様にと色々やってたみたいだ。

起きてても後々怖いのでさっさと寝て、
次の日目が覚めると山奥にいた。

そして山の砂利道を車で進むとゴミの山。

産業廃棄物処理場?

そんな感じの場所が山の中にあった。

仕事自体は楽で、
まとめられてるゴミを回収したり現地で燃やしたり。

昼前には仕事は終わった。

その頃には監視役とも仲良くなって、
上記のタコ部屋の掃除の掃除だってのを聞いたり、
この場所で色々埋めるんだよって怖い話を聞いた。

その話はまた別の機会に書くかもだけど、
まぁ想像の通りの話だった。

今回の話はまた違う話。

今までの話は全く関係ないんだけど、
こんな感じの山奥に行ったんだと思って欲しい。

仕事が終わって昼飯食べ終わったが、
帰る気配がない。

話を聞くと、
場所バレたらダメだから
暗くなって出発するまでは動けないらしい。

「夜までは自由時間だから好きにしてていいぞ」

と言われても何もない山の中。

当時の携帯はパケホもないから、
携帯で時間潰すなんてのもできない。

仕方なく涼しい所探そうと周囲を探索する。

「暗くなる頃までに戻ればどこ行っても良いけど、
民家は周りにないから行方不明になるなよ」

とだけ言われた

産廃の山は匂いが酷く、
近くに行くと熱せられた金属のせいなのか
暑いので雑木林の中を散歩する。

獣道を少し進むと
建物の跡と開けた場所があった。

何十年のレベル以上の期間放置されたであろう建築物の跡を見ると、
なんとなくお寺の跡かなと感じた。

その場所は涼しく静かで、
産廃の山の空気で気分が悪かった自分は
一息つけると感じたのを覚えてる。

電波の入らない携帯をひとしきりいじった後に異変を感じた。

うるさい。

とてもうるさい。

野犬でもいるのだろうか、
辺りからたくさんの気配と、
オーン・・・オーンと言う鳴き声が聞こえる。

さすがに野犬はヤバイな~襲われたらどうしようと考えてたら、
同僚の一人が来た。

同僚は青い顔して開口一番こう言った。

「ここヤバくね?」

オーン・・・オーンと鳴き声は
辺りにこだまして更に大きくなる。

同僚に野犬か熊かと話しかけると、
こう言われた。

「お前この声、
地面の下から聞こえてるのわかんない?」

そう言うと同僚は、
落ちてた木の棒を使って地面を掘り始める。

どの位時間がたったかわからないが、
俺は狂ったように地面を掘る同僚を見てるしかなかった。

そして同僚がブツブツと何か喋ってるのに気付く。

「許さねぇ・・・絶対許さねぇ・・・」

同僚はそう言いながら地面を掘る。

そして1メートル以上は掘ったと思うんだけど、
動きを止めた。

顔は涙なのか汗なのかわからないがグシャグシャだ。

手に持ってた木の棒を捨て、
今度は手で掘り始める。

少しして何かを穴から持って出てきた。

それは石でできた仏像か地蔵の頭の様なものだった。

ただ表情がおかしい。

穏やかな表情ではなく、
憤怒の表情をした頭を持ち、

「許さねぇ・・・絶対に許さねぇ・・・」

とつぶやく同僚。

そして石の頭を次々と掘り起こす。

俺はそれを見てるしかなかったと言うか、
腰が抜けて動けなかった。

この頭を掘り出し積み上げた同僚は、
そのまま山の中に消えて行った。

俺の目の前には
この世のものとは思えない表情をした仏像の頭がある。

そして気付いた。

オーン・・・オーン

鳴き声を出してるのはこの首だと。

ふと気づくと日が傾きかけてる。

動け動けと自分の足に念じて立ち上がり、
走りだす。

鳴き声が聞こえなくなった頃に
産廃の匂いがしてきた。

人間の業の匂いだが
安心して涙が出てきた。

止めてあった車に飛び乗り震えてると、
監視役と同僚2人がやって来た。

「お前6時間もどこ行ってた?」

俺は穴を掘った同僚の話をするが、
3人共ずっとここにいたと言う。

幻覚だったのか夢だったのかはわからない。

場所もわからない山奥の産廃場の近く。

今もあの頭たちはあの場所にあるんだろうか。

物語調になっちゃったけど
10年前に体験した話。

バイト代はなんだかんだ言いながら、
ご飯おごってもらっただけで結局もらえなかった。

その話を上司にすると1万くれて、

「これで終わりにした方が良いよ」

って言われたっけ。

帰り着いてあちらさんの事務所で報告した時に、
口約束した奴からもらえって言われた。

笑いながらもらえるもんならもらえば良いって言い方だったから、
まぁ無理だわな。

俺らはあの場所わかんないし、
山のゴミ掃除しただけだから
なんの証拠も犯罪性もないから、
何もできないってわかってたんだろうね。

あと俺らの仕事はそこから回ってくるし、
向こうは俺らを準構成員とか思ってたんじゃないかなと今は思う。

仕事中に電話来て、
新宿中パシリに使われて走り回るとか普通だったしね。

大雨の中傘を届けろって言われて行ったのに、
3時間ラブホの前で待たされたあげく、
タクシー捕まえて来いって言われたりとか、
よくわかんないわ。

20歳位のヤンキーじゃないけど
ヤクザな仕事もまともな仕事できないバカ集団だったから、
色々扱いやすかったんんだと思う。

ちなみに募集は普通の求人誌。

まぁ違法な事を強要されなかったし、
機嫌の良い時は小遣いやご飯奢ってくれてた。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3605-d9e1782c