FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】不知火淵

【じわ怖】不知火淵

スポンサーリンク



知り合いの話。

とある山奥に、
不知火淵と呼ばれる水場がある。

彼の親戚で杣人をしていた者がいて、
ある夜この辺に泊まったのだという。

真夜中、立て続けに水音が聞こえてきて目が覚めた。

淵を見やると、
沢山の白い手が水の中から伸び上がってきている。

手の主は彼を見つけたという訳ではないらしく、
手近の木などを触りまくっている。

音を立てないよう注意し、
そこから立ち去ったそうだ。

「あそこにゃ得体の知れないのが仰山居るぞ」

杣人が里に帰り着いてボヤいていると、
一番の年寄りが教えてくれた。

「お前が見たのは不知火といってな、
淵の名前の由来になった化け物だ。
大勢いるように見えはするが、実はあれで一体だけなんだと。
淵の底に白くて丸い、でっかい卵みたいな身体が沈んでいて、
そこから何本も白い手が伸び出しているってよ。
どうやらアレは母親らしくてな。
目がないモンだから手探りで、
はぐれた子供を探してるって話だ」

「……という話を聞かされたんだけど、
そんな化け物、聞いたこと無いよなぁ。
各地の伝承を探せば、
まだ知られていない妖怪って結構居るのかもしれん」

彼は水木しげるの本を片手に、
真面目な顔でそう言っていた。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3590-6f7d65fe