FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】水のトカゲ

【じわ怖】水のトカゲ

スポンサーリンク



友人と私の話。

団体の事業でタイの山奥に行った時のこと。

事前調査の一環で、
現地の村にある受水槽を調べることになった。

村人が自分達で造った背の高いコンクリート製の水槽で、
雨水を溜めているものだ。

蓋の部分が二重になっていて、
内側の蓋がひび割れているという話だった。

友人が重い蓋を持ち上げようと手を差し込むと、
何やらザラッとした感触がある。

蓋を除けてみると、
一メートル近い大きなトカゲが、
内蓋の上に蹲っていたという。

感情のない目で彼を見上げてくる。

慌てて蓋を戻し、
恐る恐るもう一度ゆっくりと上げて確認してみた。

そこには何も生き物の姿はなかったそうだ。

あれだけの大きい生き物が身を隠せる場所など何処にもなく、
何度も首を傾げた。

「アレは水のトカゲ。あそこの主だよ。
いきなり蓋を開けずに、
まず一言声を掛けておけば、
決して姿を見せないのに」

村人達にそんなことを言われ、
笑われたそうだ。

話を聞かされ苦笑する私に、
友人は仏頂面で伝えてきた。

「明日は君が水槽を確認してくれよ。
僕は爬虫類がダメなんだ」

次の日、写真を撮るために私が水槽に登ることになった。

前日の騒動を思い出し、
何も声を掛けずに外蓋を持ち上げてみる。

いた。

緑色というか青色というか、
とにかく大きいトカゲがそこにいた。

泰然自若とした風で、
こちらには何の興味も抱いていない様子。

ふと悪戯心を出し、
蓋を静かに戻してから声を掛けた。

「今から写真を撮りますので、
すいませんが退いて下さい」

そして間を置かずに、
蓋を取り去ってみる。

大トカゲは何処にもいなかった。

村人の言を本気にしていなかった私は大層驚き、
続けて何度も蓋を上げ下げしてみた。

しかしその後、
あのトカゲは私の前に二度と姿を現さなかった。

化かされるっていうのはこんな感じなのかなと、
今でも不思議に思っている。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3587-680db429