FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】北陸方面の岩峰

【じわ怖】北陸方面の岩峰

スポンサーリンク



北陸方面の岩峰に、
8年前の夏に登ったときの話。

本格登山じゃなくロープウエーを使った軟弱登山。

本当は麓から登りたかったんだが、
休みの関係でどうしようもなかった。

5時間ほど稜線を歩いて山小屋で一泊して帰る予定だった。

有名な山だと人出でにぎわってる時期だけど、
ここは予想通りそんなに人がいなくて、
10時のロープウエイも数人しか乗ってなかった。

山頂駅から少し歩いて稜線に出るとあとはずっと岩場で、
前に登山者の姿がちらほら見えた。

天気は晴れの予報で、
このときは実際日差しがまぶしいくらいだった。

前の二人連れが大岩の上に立ったときに逆光で黒く見えたんだが、
何か違和感を覚えた。

普通に足があるんだが、
上半身に手がたくさんついているように思ったんだ。

変な例えだが、
上半身に蛸をかぶったような感じ。

目をこらしてもう一度見るとそのときは普通だったんで、
ウエアの関係でそう見えたんだろうと思った。

それでも気になったんで足を早めて進んでいった。

ここは稜線の縦走で高低差はほとんどないから
スタミナはあまり使わない。

5分ほどで前の2人連れがはっきり見えてきて、
まだ60歳手前くらいの男女でおそらく夫婦だろうと思った。

おそろいのウインドブレーカーにザック姿で、
さっきのはなんかの見間違いだろうと考えた。

それにしても、
この歳で先のクサリ場を登れるんだろうかと少し心配になったが、
手助けし合いながら登って行くんだろう。

追いついてから、脇にそれ

「こんにちは、お先します」

と声をかけて追い越した。

奥さんらしい方が

「ああ、どうぞ」

と言ったが、
ご主人は黙ってたな。

そのとき雨が落ちてきた。

しばらく日は出てたんだが、
急にかげって暗くなった。

滑りやすくなるんで気をつけようと思いながら進んで、
クサリ場に入った。

全体としては中学生なら登れる程度なんだが、
何ヶ所か垂直に近いところがあって、
ナイフリッジだから横に落ちるとそのまま滑落してしまう。

慎重に、慎重に登って連峰の一つのピークに着いた。

本当ならここで昼飯にする予定だったが、
雨が降ってて食べる気にならない。

写真も上手くは撮れないだろうし先を急ごうとした。

あたりを見回すとさっきの夫婦が50m以上下にいて、
ちょうどクサリ場に取りついているところだったが、
ご主人のほうが10mくらい遅れてた。

ああ、待って手助けしてやればいいのに、
と思って見ていたら、
奥さんのほうが中途の岩の上に立ったとき、
嘘だと思われそうだが、
奥さんの両手がぐーんと伸びたんだ。

見間違いなのかもしれないけど、
10m近く伸びて、
岩の上に体を起こしたご主人を突き飛ばした。

「あっ」

と思った。

ご主人はゆっくりと横に滑って転がり、
稜線の下まで落ちて見えなくなった。

あわてて戻った。

岩の上に座り込んでいる奥さんに

「ご主人落ちましたよね」

と叫んだが、返事がない。

そこまで降りて唖然とした。

足を抱えて体育座りをしている奥さんの顔が
登山帽の下でニヤニヤ笑ってたんだ。

それで俺に

「見てられましたよねえ。
主人はあんなに離れたところから一人で落ちたんですよね」

そう言ってご主人が落ちたあたりの岩を指さした。

俺は絶句しながらも、
そこまで降りて右の谷を見たが
笹の斜面にご主人の姿はなかった。

なんとか笹の茎をつかみながらギリギリまで降りたが、
岩壁の下は見えなかった。

あれから落ちたんなら間違いなく助からないと思った。

それで奥さんのところまで戻り、
腕を取って

「まず山小屋まで行きましょう」

と言ったが
立ち上がろうとしない。

相変わらずにたにた笑いながら

「主人とは結婚25周年なんですよ、ええ、ええ」

と言った。

「雨がもっとひどくなるかもしれません。
ご主人は助けられそうもないです。
山小屋までいったん行きましょう」

そう言っても動こうとしない。

ここは携帯も圏外だし、
どうしようかと迷っていたら、
後ろから若い3人組の姿が見えてきたので、
事情を話し奥さんをまかせて
俺一人で山小屋まで急いだ。

さっきの滑落を見ているため、
あまり足が進まなかった。

それでもなんとかたどり着いて、
管理人に滑落のことを話し、
管理人はすぐに山岳救助隊に連絡した。

すっかり暗くなってから
3人組が奥さんを連れて小屋についた。

救助隊は出ているようだったが、
距離がありすぎて
この山小屋はベースにしないとのことだった。

山小屋は混んでおらず
奥さんとは別部屋で、
訪ねていって話をすることもできたが、
さっきの出来事を思い返すと怖くなってそうしなかった。

3人組がいろいろ世話を焼いていたようだ。

翌朝、警察が来て事情を聞かれたが、
腕が伸びて突き飛ばしたように見えたことは言わなかった。

奥さんとはかなり離れた岩から落ちたとしか。

ご主人が亡くなったというのは2日後、
東京に帰ってきてからわかった。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3586-c91a26ef