FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】タイの山奥

【じわ怖】タイの山奥

スポンサーリンク



私の体験した話。

団体の事業でタイの山奥に行った時。

村長の家で宴会となり、
夜遅くまで大勢の日本人とタイ人が唄って騒いでいた。

酒が呑めない私はグデグデになり、
一人でホームステイ先の家へ帰ることにする。

フラフラと歩き出したが、
そこは酔っ払いのこと、
まともに歩ける訳がない。

階段に向かわずに、
高床の段差から足を突き出すと、
そのままパッと真下に消えてしまったらしい。

「あぁ、落ちた!」

と仲間が慌てて、
一メートル以上は低い土間を確認したが、
そこには鶏が走り回っているだけで、
私の姿はもう見えなかったとか。

心配した仲間の一人がホームステイ先を尋ねると、
私が蚊帳の中で大の字になって爆睡していたそうだ。

「真っ暗だったっていうのに、
よく川にも落ちずに帰れたな」

翌朝、目が覚めると口々にそう言われた。

村長の家からホームステイした家までの間に、
かなりの幅のある川があったのだ。

蔓で出来た吊り橋を渡らなければ戻れないので、
確かによく落ちなかったものだと自分でも思った。

一生懸命記憶を辿ると、
誰かに手を引いてもらって誘導された憶えがある。

ただ、それが誰なのかは結局思い出せなかった。

現地の村人やスタッフに聞いても、
誰もそんなことはしていないという。

その村にはもう二日滞在する予定だったので、
それ以上気にしないように努めた。

考えすぎると、
何か怖いことを思い出しそうな気がして。
事業は無事に終わり、
私もそれ以上変わった体験はしなかった。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3539-2e7a4167