FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】竈

【じわ怖】竈

スポンサーリンク



親戚の話。

幼少の時分、
薪で風呂水を沸かすのが彼の仕事だった。

裏山に干してある薪を母屋まで持っており、
そこで割ってから火を点けていたのだという。

竈の火を見ながら、
よく昼間獲ったイナゴを竹串に刺して炙っていた。

おやつ替わりに囓っていたのだという。

その日も何匹目かのイナゴを串に刺し、
火の中へ突っ込んだところ、
いきなりグイと強い力で引かれた。

「あっ」

と思う間もなく、
イナゴは竹串ごと竈の中へ引きずり込まれた。

しばらく火を睨んでいたが、
別に何の異常もなかった。

しかし気味が悪くて、
その日はそこでイナゴをつまむのを止めた。

風呂は問題なく沸かせたということだ。

「その後も何回か、
竈にイナゴを盗られたよ。
でもまぁ、馴れちゃったというか、
気にしなくなっていたな。
小学生に上がる頃には灯油の給湯器になったから、
あの竈も潰してた。
あれって一体何だったのかな」

彼は懐かしそうな顔でこの話をしてくれた。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3538-83dd5be6