FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】豊漁

【じわ怖】豊漁

スポンサーリンク



友人の話。

一人で渓流釣りに出掛けた時のこと。

その日はどこに投げても入れ食いで、
これまでに経験がないほどの釣果だった。

夕刻になり、
鼻歌を歌いながら帰り支度を始めたところ、
妙なことに気が付いた。

釣り上げた渓流魚のきっぱり半数が、
その目玉を片方抉られていたのだ。

おかしい、
身が欠けた個体など一匹もいなかった筈なのに。

気味が悪いので、
片目が欠けた魚は放流して帰ったのだという。

後で地元の漁協関係者にこのことを話すと、
こんなことを言われた。

「あぁ、それは山神様が手伝ってくれたから豊漁だったんだよ。
片目が取られた分は、
山神様が『これは儂の分!』って主張していたんだ。
ちゃんと残して帰った?
そりゃ良かったねぇ、罰は当たらないさ」

思わず

「……罰……罰って……」

と呟いてしまったそうだ。

「神様……御力添えくれるなら、
その旨ちゃんと仰ってくれないと……」

気弱だが信心深い彼は、
そう言って仕切に恐縮していた。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3511-fbe11907