FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】クラスで登山キャンプに行った

【じわ怖】クラスで登山キャンプに行った

スポンサーリンク



文章下手なんで箇条書きで書きます。

中学校のときにクラスで登山キャンプに行った。

参加者は男女合わせて三十人ほど。

貸し切りバスで現地に向かったのだけど
事故で思いっきり到着が遅れた。

現地に到着したときはまだ明るかった。

担任の先生を先頭にキャンプ地に向かって山を登った。

キャンプ地までは一直線の山道で
ところどころ標識があるので
余程のバカでも迷うことはあり得ない。

私は一番後ろを歩いてたんだけど
何だか急に足が重くなり少し遅れた。

でも前方に同級生の背中が見えたので
そのまま登った。

段々夕闇が迫ってきて暗くなってきた。

同級生の後ろ姿もどんどん見えにくくなり
ペースを早めた。

しかしまったく追いつけない。

そのうち周囲が見えないほど暗くなった。

焦った私は大声で同級生に声をかけたが
反応せずにどんどん歩いていく。

その差前方20メートル。

遂に真っ暗になり
私は身動きできなくなった。

夏とはいえ結構寒くなり
カッパを着用してその場で待機した。

真っ暗で身動き取れないからだ。

数時間後懐中電灯の灯りが見えた。

担任と登山経験のあるクラスメート合わせて
三人が私を捜しに来てくれた。

私が待機していた場所は
キャンプ地から歩いて1時間以上の場所。

私はとうにキャンプ地を過ぎて歩いてたわけだ。

私の前方を歩いていた同級生は?

そいつは先頭から二番目を歩いてたそうだ。

私が見ていた背中は誰だったんだろう?

今でも不思議に思う。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3481-6d4ed82e