FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】山で煙草を吸っていると

【じわ怖】山で煙草を吸っていると

スポンサーリンク



知り合いの話。

単独で山を縦走していた、
ある夜のこと。

テントの外、
焚き火の側で煙草を吸っていると、
誰かが声を掛けてきた。

「済まないが、
煙草を一本分けてくれないか?」

見れば、
坊主頭で作業服姿の男性が一人、
こちらへと近づいてくる。

「いいですよ」

と懐から箱を取り出し、
一本抜いて分けてやる。

中年に見える男性は頻りに恐縮しながら、
美味しそうに煙を吹き上げた。

やがて礼を述べると、
男は闇の中へ戻って行った。

「こんな夜中に、
何処から来たんだろ?」

気にはなったが考えてもわからず、
そのまま寝ることにした。

翌朝目覚めると、
荷物の中から煙草が失くなっていた。

それも、
彼が昨晩男に見せた箱の中の煙草だけ。

半分以上は残っていた筈なのに。

他に仕舞っていた煙草は無事だったので、
やはりあの坊主頭が犯人に思えた。

しかし、
どうやって盗ったのかがわからない。

そんな暇は与えてないのだが。

山を下りて、
麓の軽食屋で昼食を食べている時、
この体験を愚痴ってみた。

すると店の小母さんが、
奇妙なことを口にし始める。

あの中年男は人ではないというのだ。

「ここいら辺の山にはね、
煙管坊って物の怪が住んでいるんだ。
まぁ正体は狐だって言われてるけどね。
煙草が大好きで、
里に下りてくるようになったのも、
それが原因だとか。
夜中にやって来ては、
樵や炭焼きに煙草をねだるんだとサ。
声掛けられた時に実はもう化かされていて、
既に何本か抜かれてるんだって」

「ちぇっ、分けてやるんじゃなかったな」

そうボヤくと、

「いや、分けてやらなかった場合は、
これが根こそぎ持って行くってサ。
ちゃんと分けてやったから、
それだけで済んだんだと思うよ」

「物の怪の癖に、
煙草の煙が好きなんて、
非常識だよな」

彼は何度もそうボヤきながら、
私にこの話を聞かせてくれた。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3444-1f172218