FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】人形供養

【じわ怖】人形供養

スポンサーリンク



昔馴染みの話。

彼の親戚に、
山奥の神社で宮司を勤めている人がいる。

そこの社では人形供養もしているという。

あまり有名ではないのだが、
それでも噂を伝え聞く者が絶えないようで、
年を通じて供養依頼の荷が送られてくるのだそうだ。

「藁人形とかの類はないんですか?」

私がそう冗談めかして聞いたところ、
宮司さんが答えるより早く、
古馴染みが笑いながら答えた。

「いや時々あるみたいだけどね。
そのほとんどが出し殻みたくなってて、
何の力も感じられないっていうことらしいよ」

横にいた宮司さんは、
苦笑しながらこう付け加えてきた。

「藁人形じゃないけど、
本当にこれはヤバイって代物はあったな。
薄汚れた箱が送られてきたんだけど、
もう開ける前から嫌な気がプンとして。
持ち上げたら、中でカタリと音がしたんで、
心を決めて中を改めたんだけど」

「何が入ってたんですか?」

「空っぽだったんだ。
間違いなく取り上げた時には、
中に何か納まっていたのに。
でも、とんでもなく嫌な感じがしたよ。
触れた瞬間、全身に鳥肌が立ったからね。
仕方ないから箱だけ供養してみたけど、
さて効果はあったのやら」

宮司さんはそう言って肩を竦めた。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3401-f3227d7b