【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】婆ちゃん家の裏山

【じわ怖】婆ちゃん家の裏山

スポンサーリンク



子供の頃、盆になると
田舎の婆ちゃん家に帰省するのが楽しみだった。

その理由は、
婆ちゃん家の裏山には
甲虫や鍬形がいっぱいいるからだった。

小5ぐらいの時、
婆ちゃん家に行って、
挨拶もろくにせず裏山直行。

獣道すら無い斜面をよじ登り、
樹液の付いた木を捜し、
ドンドン奥に進んでいった。

その日の目的はノコギリ鍬形だったんだが、
なかなか居なくて、
気が付くとかなり山の奥まで入っていた。

振り帰ると、
もう自分がどこらへんから上がってきたのかも分からなかったが、
まぁ、下れば簡単に婆ちゃん家に帰れると安易に思い、
さらに奥地に入っていった。

10分程さらに登ると、
幅1メートルほどの小さな川があった。

ノドがカラカラだったので、
手に掬って飲んでみたが、
凄く冷たくて激ウマだった。

川の中の石をめくるとサワガニがいて、
鍬形の事も忘れ夢中で捕っていた。

その時、
後ろから誰かが近づいてくる気配、
いや、ミシミシ、パキパキと、
土や枝を踏み潰すような音。

何げに振り返ると、
俺よりもはるかにデカい熊がいた。

距離にして10メートルぐらい。

どれくらいだろう。

2、3秒ほど目が合っただろうか。

俺も驚いたが熊も驚いたようで、
目が会ったまま静止。

しかし、
熊からゆっくりとこちらに向かってきた。

いや、愛くるしい姿では無く、
猫が低姿勢で
ゆっくり獲物に近づく素振りが分かるだろうか。

あんな感じで。

俺はヤバイ!と思い、
慌てて走った。

無我夢中で走った。

途中振り返ると、
熊も走って追い掛けてきていた。

必死で走った。

腕や足は木の枝に引っ掛かりまくり、
血まみれになりながらも走り続けた。

しかし、
背後にぴったり熊が付いてきているのが分かった。

草木を薙ぎ倒すような
「バキバキ」と言う音と、
「はぁっ、はぁっ」と低音の効いた
獣特有の息遣いが背後から聞こえていたから。

2、3分走っただろうか。

全く熊を振り切れず、
俺も息が上がりだし、
膝がガクガクしだした。

全方に竹林が見えたので、
俺は全速力で走っていた勢いのまま竹に飛び付き、
必死でよじ登った。

登った瞬間、
ドスッとデカイ音がして、
竹が大きくしなった。

下をみると、
熊が走ってきた勢いで竹に激突していた。

俺は地上から3メートル程の高さに登り、
竹にしがみ付いていた。

熊はしばらく俺の下をクルクル回りながら、
俺を見上げていた。

と、次の瞬間、
熊は立ち上がり、
手を延ばして俺を捕ろうとしてきた。

焦った。

立ち上がった熊は想像以上にデカク、
顔のでかさも半端なかった。

熊は俺が登っている竹にもたれかかるように立ち上がり、
必死に手を延ばしてくる。

竹は熊の体重で大きくしなった。

俺は竹が折れると思い、
手を延ばして隣の竹を掴み、
隣の竹に飛び移った。

すると、その竹は短く、
俺の重みでしなりだし、
俺は更に手を延ばし
また違う竹に移った。

その時移った竹はかなり高く、
俺は更に上に登った。

下を見ると、
まだ熊は俺を見上げながら、
俺がいる竹の真下にいた。

俺は登れるだけ登ろうと、
幹が細くなりだす前、
地上5メートルぐらいの高さまで登った。

熊は相変わらず俺を見上げ、
諦めるような気配は無かった。

俺は、
どうすればいいのか分からなかった。

というか、
竹にしがみ付く事で精一杯だった。

とりあえずジッとしていた。

熊は立ち上がり、
何度も竹を揺らしたり、
爪で幹をガリガリ擦ってきた。

この竹を折られたら等と、
最悪のシュミレーションばかりが頭をよぎった。

その時、

「カチカチカチカチ」

と、
耳元で硬いものがぶつかる様な音がした。

ふと見ると、
俺の目線の高さ1メートル程先に、
二匹のスズメ蜂が飛んでいた。

かなりデカい。

そのスズメ蜂は俺に何かを訴えるように、
俺の目線の先で
ガチガチとアゴ?をならしながら飛んでいた。

普段ならスズメ蜂を見たらビビるが、
その時ばかりはそれどころではなく、
俺はとりあえずジィーっと動かずにいた。

二匹のスズメ蜂は、
ガチガチとアゴを鳴らしながら
俺の周りを旋回しはじめた。

ちょうど俺の目線の高さをこちらを向きながら、

「ガチガチガチガチ」

と鈍い音を鳴らしながら
旋回飛行を続ける。

俺は竹にしがみ付き、
微動すらしなったが、
下から熊が竹を激しく揺さぶり始めた。

下を覗くと、
熊はよだれを垂れ流しながら鼻息を荒くし、
こちらをガン見している。

俺というご馳走を目の前に
興奮しているようだ。

空中からはスズメ蜂に狙われ、
地上では熊が待ち構えている。

もう、
隣の竹に飛び移ることすら出来ない。

すると、
スズメ蜂は旋回しながら徐々に高度を下げ、
熊の頭の周りを
『ガチガチ』と音を立てながら飛び始めた。

熊は目線は俺のまま、
両手を振り回し
スズメ蜂を振り払おうとした。

スズメ蜂は熊の手を巧みに避けながら、
尚も熊の頭部周辺を旋回し
「ガチガチ」とアゴを鳴らす。

熊が手を振り回せば振り回すほど、
スズメ蜂はそれをかわし、
激しく旋回しながら
「ガチガチ」とアゴを鳴らす。

その光景が3分程続いた。

俺は心の中で、
スズメ蜂よその熊を刺し殺してくれ!と願った。

すると二匹のスズメ蜂は、
何事も無かったように
何処かヘ飛び去っていった。

熊はスズメ蜂が去り、
さっきまで振り回していた丸太のような両腕を竹に延ばし、
ガリガリと音を立て削りだした。

竹は熊の鋭い爪で削られると同時に
熊の体重がかかり、
根元の方から

「ミシミシ・・・」

と軋む音が聞こえてきた。

うわっ!もうダメだ!

俺は隣の竹に飛び移ろうと考えたが、
隣の竹は背丈が低く幹も細いため、
飛び移った瞬間に
地面までしなると思うと飛び移れなかった。

次に頭に浮かんだのは、
地面に飛び降り一目散に走って逃げる。

しかし、結構な高さがあり、
さらに足場も悪いため、
着地した瞬間にバランスを崩しこけてしまえば、
次の瞬間には熊の餌食になるだろう。

俺は竹にしがみ付いたまま硬直した。

「ハァッハァッ!」

下では熊が、
今か今かと俺を待ち構えている。

俺は飛び降りることを決意した。

幹が限界まできたら飛び降りよう!と。

俺は地面を見渡し、
なるべく平らな場所を探した。

その時、

「ブォーッ!」

っと、
低音のする黒い物体が俺の目前を横切った。

びっくりして、
慌てて竹にしがみ付き直した。

その黒い物体は
凄いスピードで熊の顔面にぶつかって、
砕けたように見えた。

岩でも飛んできたのか?

熊も慌てて
両手で顔を拭くような仕草をしていた。

よく見ると、
その黒い物体の正体は
無数のスズメ蜂の群れだった。

2、30匹ぐらいいるのだろうか?

熊の顔にモザイクがかかっているほど、
スズメ蜂が集っていた。

「ブゥーーン」

という羽音が、
まるで昆虫のものと思えないほど大きく、
低く響いていた。

熊は両手を激しく振り回しながら、
少し後退りした。

が、スズメ蜂はぴったり熊の顔を、
まるでフルフェイスヘルメットのように覆っていた。

ついに熊は前脚を地面に降ろし、
首を激しく左右に振り回しながら走りだした。

スズメ蜂の黒い固まりも
その動きにぴったりと合わせ、
両者共に茂みの奥に入っていった。

俺はこれが、
神様が与えてくれた唯一のチャンス!と思い、
すぐさま地面に降り、
ガクガク震える足で目一杯走り、
山を下った。

後ろを一度も振り返らず。

山を降りてから、
手が痛かったので手のひらを見ると、
グチャグチャになったサワガニが刺さっていました。

以来、山はもちろん行きませんし、
熊と蜂は恐怖のトラウマです。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3379-186764cb