【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】山小屋のばあさん

【じわ怖】山小屋のばあさん

スポンサーリンク



大学で民俗学を専攻していましたが、
そのときに先輩から聞いた話。

民俗学では一応、
妖怪やら怖い話やらもデータとして収集するんですが、

「怖い話ありますか?」

って聞くと、
たいていは

「ない」

って言われる。

ただし、
その後世間話していると、

「本人が怖いと認識してない話」

が結構出て来るそうで。

どこかは忘れてしまいましたが、
先輩が山で炭焼きを営んでいたじいさんに聞き取りを行ったとき、

「山で働いていたら迷ってしまって、
山小屋に泊めてもらったことがある。
こんなとこに小屋なんかあったかな?
って訪ねると、
おばあさんが一人いてな」

先輩は、
ははあ、ヤマンバの話かな、
と思って聞いていると、

「寝ているとな、そのばあさんが、
シイタケ栽培みたいに並べた丸太にな、
なにやらメシ食わせてんだ。
丸太の上の方に口がついていてな、
それがくちゃらくちゃらメシを食うのがうるさかったな」

って話をしたそうです。

話の不可解さに寒気がした先輩が、

「それからどうしたんですか」

と聞くと、
お爺さんは、

「朝になったから帰った」

と言ったそうな。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3330-0a768a49