【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】真夜中の夕張山地

【じわ怖】真夜中の夕張山地

スポンサーリンク



昨日夕張山地を真夜中に走って目撃したもの。

さすがに春だけあって、
狐とかたぬきとかが
道路わきで車のライトに目を光らせていた。

が、残雪の上に
子猫くらいの大きさで歩き方も子猫、
真っ白で耳の長い生き物がとことこ歩いていた。

耳の長さはうさぎなんだけど
左右に耳が垂れていて、歩き方が猫。

ウサギは蛙みたいな歩き方(跳ね方?)をするので
ウサギではない。

捨てられた子猫?
目の錯覚で耳が長く見えたのかな?
と思って次のカーブを曲がると、
こんどはそれが柴犬くらいの大きさになって、
左脇の雪の上を楽しそうにダッシュしていた。

1日に800キロも走ったから、
疲れてるのかな…と思い
あまり深くは考えなかったが、
最後にはそれが虎くらいの大きさになって
半ば透き通って、
大きな岩からシュタン!と降りていた。

全然怖くはなく、
何か不思議なものを見たなと思ったのですが、
誰か同じようなものをみた人はいませんか?

目の錯覚かもしれませんが。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3307-353870b5