FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】四国のとある深山

【じわ怖】四国のとある深山

スポンサーリンク



私の親父に聞いた話。

彼はよく一人で登山を楽しむのだが、
15年ほど前、四国のとある深山に行った折りのこと。

その山には何度か行ったことがあるのだが、
いつも深夜近くまで藪のような獣道を漕いで歩き、
電力会社の小屋に寝泊まりする。

その日も真夜中近くに到着して、
いつも通り土間の真ん中に寝袋を広げて休もうとした。

しかしうとうとしかけると、
なぜか遠くから女の子が数人で談笑する声が聞こえてくる。

お散歩かいな、ものすごい山奥の、
しかも真夜中にモノ好きがいるもんやな、
などと考えて寝ようとするとまた声が遠く近くに聞こえてくる。

落ち着かないながらも強引に目を閉じると、
今度は背中をごろごろと圧されるようで寝苦しい。

平らな土間の真ん中に寝ているのに、
なぜか背中に当たるモノがある。

おかしな胸騒ぎがして寝袋をめくり、
その下の踏み固められた土をそこらにあった板で掘ってみた。

するとオランダかどこかの絵皿が一枚、
地中深くから出土したそうな。

ピンク色の地に白い帽子をかぶり、
長いスカートの女の子の絵が手書きで描かれたものだが、
それを掘り起こして

「なんか得した気分♪」

と安心して眠り、
しっかり持ち帰って飾っていた親父。

その皿はいまだに実家の食器棚の下にしまってある。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3249-5fa4227e