FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】雨の山道

【じわ怖】雨の山道

スポンサーリンク



昭和30年代も終わりの頃、
祖母はわらび採りに山へ入った。

そのうち雨が降ってきたので、
山道を足早に戻ろうとしたら、
前方から女がやって来る。

その人はスカートに手提げのバッグと
街中を歩くようないでたちで、
それだけで充分変なのだが、
傘は持っていないようだった。

すれちがいざまに祖母は女に軽く会釈したが、
彼女はシカト。

そして祖母は、
女が実は傘をさしていることに気づいた。

遠目ではそれに気づけなかったのは、
実は傘がまったくの無色透明だったからだ。

当時は傘自体が貴重だったが、
あるとしても真っ黒なコウモリ傘、
あるいは和傘が主流で、
透明の傘なんてありえない時代だったそうだ。

「今、100円ショップとかで売っている
あのビニール傘にそっくりだった」

と祖母はいう。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3242-19908015