FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】ロープウェイのプラットフォーム

【じわ怖】ロープウェイのプラットフォーム

スポンサーリンク



ロープウェイなど普段なら使わない俺だが、
時には高みから谷間や峰を見下ろしたい気分になる。

時季はずれということもあり、
ロープウェイには俺の他に、
夫婦らしい男女が二人乗っているだけだった。

晴れてはいたが一部に雲があり、
行程の半ばあたりまで来た頃、
その雲の中にいた。

一番景色がよさそうな場所で雲にぶつかるとは、
ついてない。

やれやれと息をつき、
ザックのポケットから携行食の小さなチョコレートを出し、
口に放り込んだ。

やがてロープウェイのプラットフォーム。

係員が扉を開け、
同乗の二人連れが席を立った。

「しばらくご一緒しませんか」

山ではよくあることなので、
同意し、立ち上がった。

彼らが降り、
俺も続こうとしてふと気づいた。

着くのが、早すぎる。

「すいません、
この先で降りますから」

係員に声をかけ、
先に降りた二人連れにもそれを告げた。

「そうですか、ではお気をつけて」

係員が無言で扉を閉めた。

俺一人がロープウェイに残り、
そのまま進んだ。

振り返ったそこに、
プラットフォームなど、
無論ありはしない。

大きく息をつき、
静かに手を合わせた。

上まで行ったら、
小さなケルンを二つ作ろう。

そう思った。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3235-addd5eb6