FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】気が付けば奴が居る

【じわ怖】気が付けば奴が居る

スポンサーリンク



山行6日目、
3000メートルから一気に高度を下げる行程は、
その一年坊にとって地獄そのものだったろう。

歩き始めてすぐ、
彼の顔色が非常に悪い事に気付いた。

先頭を歩いていた俺は、
彼に俺のすぐ後ろにつくよう指示し、
ザックを降ろさせ、
彼のザックを俺のザックの上に細紐でしっかり固定した。

一呼吸入れて歩き出し、
ふと気付くと奴が居た。

山に入ってから、
ずっと俺の視界ギリギリのところに居続けていたあの男が、
今はすぐそばに居る。

先頭の俺と二番目を歩く一年坊の間に。

ようやくテント場に着いたが、
その一年坊はテントで横になったきりほとんど動けない。

そして、
図々しい事に『奴』は、
テントの中にまで入り込んできた。

奴は笑顔で包み込むように一年坊を外へと誘い、
その都度、動けないはずの一年坊が、
トイレやその他の用足しにテントの外へ出る。

俺は二人に付いて行き、
奴は俺に対する不満を募らせていた。

奴は一晩中、一年坊を誘い続け、
誘われるままに動きつづける一年坊の消耗は目に見えるほどだったし、
それに付き合わされる俺にとっても、
決して楽しい夜ではなかった。

一年坊と奴の間に割って入り、
奴の目を何度も睨みつけた。

奴はやたら不機嫌になり、夜明け近く、
初めて俺に声をかけてきた。

「どうして駄目なんだよ」

朝になると奴は居なかった。

一年坊は、
時間が過ぎるほどに元気を取り戻しているようだ。

テント場を出発した俺達の正面に奴が居た。

奴を初めて見た場所だ。

遭難者の遺体を焼いた事もある広場。

右の首筋あたりで声が聞こえた。

「お前は、二度と来るな」


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3231-27135218