【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】山で出会った戦士

【じわ怖】山で出会った戦士

スポンサーリンク



戊辰戦争の折、
父親の実家近辺は『奥羽越列藩同盟』に端を発する『秋田戦争』に於いて、
秋田久保田藩士と岩手南部藩士が激戦を繰り広げた場所でした。

それ故か、
父親は何度か彼等の幽霊に出会ったそうです。

話は戦前になります。

当時、田舎に住む子供達はどこも同じだったと思いますが、
自ら山へ入って、主に小型の獣を獲ってその皮を剥いでなめしたり、
仕掛け針で鰻や鯰を獲って小遣い稼ぎをしていました。

親父もそんな例に漏れず、
よく山へ獲物を獲りに出かけたそうです。

さて、そんなある日の事。

やはり親父は、
仕掛けた罠に何か掛かってないかと
山へ入ったそうです。

いつもの通い慣れた道を通って山の奥へ…

が、その日は何かが違ってたと言います。

妙に体が軽い。

気持ちも晴れ晴れとしている。

理由は分からないけど、
これから良い事がありそうな予感でした。

そんな感じでテクテクと歩いてると、
樹木の陰に何やらチラチラと見えるものがあります。

よく見ると、
誰かが座って休んでいるようです。

親父は黙って脇を通過しようとしました…

と、思わず足を止めてしまいました。

どう見ても、
その人物は自分達とは違う格好をしていました。

以前、行列で家の中を歩いてた…、
そうだ、あの戦士達と同じ姿じゃないか。

その兵士が今、
目の前で道端にうずくまるようにしている。

その時、
不意に兵士が顔を上げ、
親父の顔をじっと見つめました。

年の頃は15、6歳でしょうか。

とはいえ、
意志の強そうな顔をしており、
実に立派な戦士に見えたそうです。

と、彼はおもむろに立ち上がると、
突然風のような速さで山を下り始めたそうです。

それを見た親父は思わず、

「そっちは○○(親父が住んでいた村)に行く道だよ!」

と呼びかけました。

すると彼は一瞬親父を振り返り、
そのまま走り去ったとの事です。

その姿は、
まるでこれから戦場へ臨むような、
そんな印象だったと。

私はこの話を聞いた時、

「で、
その人は敵(南部藩)だったの?
味方(久保田藩)だったの?」

と質問しましたが、

「どっちにしたって日本の為と思ってたんだ。
敵も味方も無いだろう」

と諌められました。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3221-893faaff