【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】百曲がり

【じわ怖】百曲がり

スポンサーリンク



長野の『百曲がり』と呼ばれる山に登った時。

登っている最中に何かに躓いてこけた。

つまづいた辺りを見ると、
小さな茶色い服を着たドワーフのようなものが3人。

うずくまったり、
腹に手を当ててジタバタしているのもいる。

先を歩いていた父と弟が戻ってきて起こしてくれた。

「どうしよう、ふんじゃったんかも」

弟に言うと、

「『コケター!』言うて爆笑してるで」

別の山(大分だったかな?)で、
叔母も見たそうです。

まだ雪の残るハイキングコースを歩いていると、
道端の雑木林に捨ててあるペットボトルが目に付いた。

ペットボトルの中に、茶色い服の小人。

外を見ながらワンワン泣いている。

出してやろうかと思って近づくと、

泣きながら高い声で

「ハヤクシロ!」

と言われた。

「腹が立ったからほったらかして帰った」

そうです。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3218-705e1ac9