【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】何かが落ちてきた

【じわ怖】何かが落ちてきた

スポンサーリンク



年寄りに聞いた話。

若かかりし頃、
木橋のたもとで昼寝をしていると、
頬に何かが落ちてきた。

指先で触ってみると土くれ。

払いのけてもまた落ちてくる。

誰かが悪戯しているのか、
と仰向けになり目を開けた。

覗き込んでいる顔が2つ。

異様に青白くふやけた肌。

口や鼻の穴、
本来なら目があったはずの空洞にまでみっしりと詰まった土が、
ポロポロと降ってくる…

悲鳴をあげ、後ろも見ずに逃げた。

村の長老にそのことを話すと、
しれっとした顔でこう答えた。

「あそこにはだいぶ埋まっとるからな。
あいつらまだ諦めていないとみえる…」

何を諦めていないのか、
それがひどく気になったそうだ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3170-432c9bc9