【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】林を縫う光

【じわ怖】林を縫う光

スポンサーリンク



高校の山岳部で、飯豊連峰を縦走した。

下山日に、高度を下げ最終宿泊地へと向かった。

林の脇に川筋を見る細い道を進み、
モッコ渡しを渡り、
(水面から十分な高度を取った)河原の一角の大きな木の根本に
三張りの天幕を張り、幕営を始めた。

夕食の準備と帰路の偵察を行い気分は最高。

皆で歌を歌い大いに盛り上がった。

時刻は9時前後。

山行としては、
かなり遅くまで騒いでいた事になる。

残った食料を平らげ、
さあ寝るかと準備を始めた時、
OBの1人が不思議そうな顔をした。

「どうしたんですか」

と問いかけると、

「遭難者かもしれない。静かにしろ」

と言う。

聞き耳を立てたが、
川のせせらぎ以外に聞こえない。

OBが見つめている先を追うと、
懐中電灯の光が林を縫うように近づいてくる。

ヘッドランプを付けた登山者と同じぐらいの高さを、
林の木々に遮られながらモッコに近づいてくる。

自分達は次に起こるであろう事を想像し、
静まり返った。

すると光が消え、
あたりは漆黒に染まった。

モッコ渡しは渡れば大きな音がする。

異常があれば見に行き助ければいい。

静寂の中、数分暗闇を見つめていた。

突然3年生が大きな木の梢を見つめ、

「何だこれは」

と叫んだ。

全員が立ち上がり、
彼の見つめる梢を眺めた。

そこには、
先ほど梢に隠れながら近づいてきた明かりが輝いていた。

10mほどの高さに、
かなり明るい光があった。

懐中電灯を点灯し梢を照らすと、
突然明かりが消えた。

「何だ今のは」

「化け物か」

「何かの発光現象か」

「あれを見ろ」

誰かの叫びが聞こえた。

彼の指さす方向、
川に沿って20mほど下流。

今迄梢で輝いていた光がそこにあった。

光は凄い早さで川を下るように移動し、
やがて見えなくなった。

光の大きさは20cmほど、
丁度ヘッドランプの光のような色だった。

あれから随分時がたつが、
あれが一体何だったのか未だに判らない。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
http://jiwakowa.biz/tb.php/3115-abcc0d2a